状況別50ヤードのアプローチ攻略法

getty

スイング

状況別50ヤードのアプローチ攻略法

Fagio

中級者の中でもスコアの伸び悩みがあるとすれば、ドライバーやパッティング以上に2打目や3打目のグリーンを狙えるショットではないでしょうか。

ここでピン側に寄せられればボギーやパーも必然的に増えてくるはずです。

中級者の中でもスコアの伸び悩みがあるとすれば、ドライバーやパッティング以上に2打目や3打目のグリーンを狙えるショットではないでしょうか。

ここでピン側に寄せられればボギーやパーも必然的に増えてくるはずです。

ここでピン側に寄せられるかどうか?

ここでピン側に寄せられるかどうか?

getty

50ヤード先にピンが見えていたとしても、その時のライはさまざまです。

アプローチを効率よく練習するためにもいろいろな状況を想定しながら練習してみましょう。

ここで寄せられるかどうかが、90切りを目指す上でもひとつの大きな課題となってきます。

クラブは何を選び、どんな意識でスイングするのか。

実際のショットに入る前にいつも以上にしっかりと素振りをして、高いボールなのか低いボールなのか、スピンを効かせるのか転がして寄せるのか、振るリズムや飛んでいくボールをしっかりイメージしながら行いましょう。

アプローチを成功させるためには、成功するイメージを持つことです。

ライの傾斜状況は大きく分けて4つ!

ライの傾斜状況は大きく分けて4つ!

getty

実際のアプローチショットでは、同じライに遭遇することなどありません。

特に傾斜地には、左足が高い場合や低い場合、つま先が上がる場合や下がる場合という大まかに4つのライがあり、平坦な場所から打てることはほとんどありません。

練習場で上手く打てても、実際のラウンドで実力が発揮できないゴルファーの多くは、そのような傾斜地からのアプローチに慣れていないことも大きな理由のひとつです。

また、フェアウェイや浅いラフならそれほど気を遣うこともありませんが、ベアグラウンドと呼ばれる、芝が極端に薄いライでも苦戦することがあります。その対策もしっかりと準備しておきましょう。

アマチュアゴルファーの上手い下手の境目が、実はこの傾斜やベアグラウンドの対応力にあるといっても過言ではありません。

左足上がりや左足下がりの場面で注意すること

左足上がりや左足下がりの場面で注意すること

getty

まず50ヤードという距離は、ゴロでも十分に届く距離だということを覚えておきましょう。

その上で、左足下がりではいつも通りのショットではダフりますので、転がせる状況なら無理して上げようとは思わないことです。

逆に左足が上がるとアッパー軌道になりやすく、距離に対するロフト角が増えすぎ、いつも通りの距離を打とうとするとショートすることがよくあります。

なので、いつもより1、2番手上の(より距離が出る、長い)クラブを短めに持ち、コンパクトな意識で傾斜に沿って振りましょう。

キレイなスイングをしようと思うのではなく、距離感だけを意識してインパクトすれば十分です。

つま先上がりやつま先下がりの場面で注意すること

つま先上がりやつま先下がりの場面で注意すること

getty

つま先上がりではどうしても横振りに近くなり、イメージよりも左にフックしやすくなります。

いっぽう、つま先下がりでは縦振りになりやすく、スライスボールが出やすくなります。

傾斜がキツくなればなるほど、あらかじめ想定する曲がり幅を大きめに設定して何度か素振りを行います。

ここでもコンパクトなスイングを忘れてはいけません。傾斜地で大振りをするとバランスを崩してミートできなくなるからです。

またベアグラウンドでも同じですが、悪い状況で無理をするとどうしてもいい結果は出ません。

実力以上のことを望むよりも、できることをしっかりこなすほうが、結果的によくなることは多いものです。発想の転換もまた重要なのです。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー