ハンディキャップを正しく知って大人なゴルファーになろう!
初心者

ハンディキャップを正しく知って大人なゴルファーになろう!

p562p

ゴルフはスコアを競うスポーツですが、実力差を公平にするためにハンディキャップというものがあります。

でも初心者にはこの意味がよく分かりにくいところがあります。ハンディキャップの付け方までは理解しなくてもその簡単な意味だけは理解できるようにしておきましょう!

ゴルフはスコアを競うスポーツですが、実力差を公平にするためにハンディキャップというものがあります。

でも初心者にはこの意味がよく分かりにくいところがあります。ハンディキャップの付け方までは理解しなくてもその簡単な意味だけは理解できるようにしておきましょう!

平等に楽しめるスポーツがゴルフなのです。

平等に楽しめるスポーツがゴルフなのです。

スポーツの世界では実力を競うことが当たり前となっています。その場合うまい人が勝つのは当然のことでしょう!

ゴルフにおいてもそれは例外ではありませんが、レベルの違うゴルファーと一緒にラウンドする時にはハンディキャップを決めてラウンドする方法もあります。

ハンディキャップとは競い合うものどうしが同じ実力値となるように調整するものと定められています。

ゴルフ初心者であってもハンディキャップが付くことによって上手な人と同じようなスコアになるように調整されるのです。では、いったいどのような中身なのでしょうか。

実力差を公平にするためにあるもの

実力差を公平にするためにあるもの

ハンディキャップは先ほどもお伝えしましたが、異なる技量を持ったゴルファーが同じフィールドでプレーをした場合に公平に勝つチャンスを与えるために設定するものです。

現在日本ではプライベートハンディキャップとJGAハンディキャップの2種類が大きく分けてあります。

プライベートハンディキャップとは、お友達とのラウンドの際に独自で決めたハンディキャップ設定方法のことをいいます。

例えば直近過去5回のラウンドでの平均スコアを元にその差をハンディキャップと設定するなどがあります。

もう一つのJGAハンディキャップは日本ゴルフ協会という組織が独自の算出方法により計測したハンディキャップのことを指します。日本では公式競技の場合はこちらを選択する比率が高いです。

ハンディキャップで実力が分かる!

ハンディキャップで実力が分かる!

毎回プレーをする度にスコア表をつけていきます。このスコア表をしっかりとゴルフ場に提出し、何度も通っていると自分にハンディキャップがいくつぐらいついていたのかを把握することが出来るようになります。

このハンディキャップのポイントが実は自分の実力として換算されているのです。ゴルフ仲間の間では「ハンディキャップいくつ?」という会話を聞くようになるでしょう。

これが少ないほどゴルフが上手なことを意味します。一桁にまでなるとシングルプレイヤーと言われるほどです。ゴルフを極めたい方はまずはこちらを目指してみてはいかがでしょうか?

ハンディキャップで一喜一憂しないこと!

ハンディキャップで一喜一憂しないこと!

確かに実力差を公平にしてくれるので、もしかしたらうまい人よりもいいスコアに逆転してしまうこともあり得ます。

でも大事なことは紳士・淑女なスポーツだということを忘れてはなりません。ハンディキャップは確かにゴルフを盛りあげてくれています。

しかし、ハンディキャップは、あくまでも平等に競いあえる、お互いを尊重できるように設置されています。

最後まで紳士・淑女なスポーツだということを忘れずプレーをしましょう。ハンディキャップから自分の実力を知り、そのポイントをどうすれば減らせるのか考えられるようになったら本物のゴルファーに近づけるのではないでしょうか。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー