初心者

ゴルフ初心者が知っておくべき基本ルール4選

p562p

ゴルフは独特のルールも多く、テレビなどで観ていても、「今なんでこうなったの?」ということも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、基本的なゴルフのルールを4つ紹介します。これがわかれば楽しくゴルフをプレーしたり観戦したりできるかもしれません。

ゴルフは独特のルールも多く、テレビなどで観ていても、「今なんでこうなったの?」ということも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、基本的なゴルフのルールを4つ紹介します。これがわかれば楽しくゴルフをプレーしたり観戦したりできるかもしれません。

持ち込めるクラブの本数は決まっている?

ゴルファーがバッグに入れて持ち歩くクラブ。実はこのクラブにも本数の上限があるのをご存知でしょうか。

実は規定として、持ち込めるクラブの本数は最大14本までと決められているんです。逆に最低本数は定められておらず、1本以上あれば基本的にはプレーは可能です。

内訳も特にルールがあるわけではないですが、グリーンと呼ばれるカップ周辺は「パター」と呼ばれるクラブでしかボールを打てません。

つまり極端な話パターさえあれば1ラウンドプレーできるということなんです。

空振りしてしまった場合はどうなるの?

空振りしてしまった場合はどうなるの?

初心者が一番心配な部分として、空振りしたらどうなるの?という疑問があるかと思います。実際のラウンドでは、空振りに対するペナルティーはありません。

しかし、空振りも1打とみなされるため、空振りした後の1打と合わせて2打がスコアに加算されます。

またそれ以外にも、本来コースとして見なされない、カート用通路などのボールを打てない場所にいってしまった場合は、ペナルティなしで戻すことができたりします。

この辺りの基本ルールが心配な方は一度調べてみると良いでしょう。

ボールって何回まで打っていいの?

ボールって何回まで打っていいの?

なかなかカップまでたどりつけない…。そんな風になるんじゃないかという不安をお持ちの方も少なからずいるのではないでしょうか。

では実際のルールとして、1ホールで何回まで打つことが出来るのでしょうか。実はルール上、打数に関して上限は定められていません。

同伴者や後続のグループを考慮して下される「ギブアップ」という、カップインせずに終わる措置が存在しますが、基本的にはギブアップしない限りはカップインまで何打でも打つことが可能です。

ただし、ギブアップを宣言できるのは規定打数の3倍のスコアを超えたときに限られてしまうので、そこまでいかないよう、決めてしまいたいですね。

ボールを手で触っていい場所はどこ?

ボールを手で触っていい場所はどこ?

getty

初めてラウンドしたときに、不用意にボールを手で触ってしまい、注意を受けた事のある方は0ではないのではないでしょうか。

では、コース内でボールを手で触れる場所やタイミングはどういう場合なのでしょうか。基本的なことですが、意外と初心者の方が一番やってしまいがちなのが、グリーン上でのボールの移動です。

グリーンオンした際に、マークと呼ばれるボールのありかを示す印をボールの真後ろに設置後、ボールに手で触れることができます。

このマークを置く事を怠るとペナルティが与えられてしまうルールとなっていますので注意が必要です。

まとめ

今回ご紹介した知識は、経験者にとっては基礎知識です。しかし、初心者にとってはどうなの?と疑問に思うこともゴルフには多々あります。

ゴルフを楽しむための基本的なルールなどを覚えると、観戦も実践もより面白くなってきますので、覚えてみてはいかがでしょうか。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー