ゴルフ初心者

『スコアカード』の見方と記入方法のルール【初心者】

akemi

初めてのラウンドで気になる事柄のひとつに、スコアカードの見方・書き方があるのではないでしょうか?

ゴルフはサッカーやバレーボールと同じようにスコアを競うスポーツですが、打数を抑えてスコアが少ない方が勝ちというところが、他の競技にはない特徴です。

今回は、初心者でも分りやすいスコアカードの見方や記入法のルールについてご紹介します。

初めてのラウンドで気になる事柄のひとつに、スコアカードの見方・書き方があるのではないでしょうか?

ゴルフはサッカーやバレーボールと同じようにスコアを競うスポーツですが、打数を抑えてスコアが少ない方が勝ちというところが、他の競技にはない特徴です。

今回は、初心者でも分りやすいスコアカードの見方や記入法のルールについてご紹介します。

最初に覚えるべき、スコアカードの基本的な見方

ゴルフのスコアカードの見方は各ゴルフ場ほぼ同じで、全18ホールのスコアを記入する個所と、各ホールの距離=ヤーデージや規定打数=PARの数が記載されています。

スコアを記入する箇所が1ホール2つなのは、パット数を記入するのに使います。

また、「BACK TEE/REG.TEE/FRONT TEE/LADIES TEE」と分れていますが、各ティーグラウンドで距離が違うため、その数値が記入されています。

基本的なルールとして、初心者の男性は「FRONT TEE」、女性は「LADIES TEE」を使用します。

いちばん大切なのは、自分の打った打数を覚えておくこと

ゴルフスコアは自分の打数を表す数値のことです。
ゴルフの基本は18ホールなので、18回分のゲームだと思えば分りやすいと思います。

記入方法のルールとしては、1ホールが終了する毎に自分の打数をスコアカードに記入します。

それを18回記入することになり、その数値の合計がトータルスコアです。

そのためには自分の打数を間違いなく覚えておくことが重要になります。

スコアマーカーの存在

プライベートなコンペなどは自分でスコアを付けることが多いのですが、競技会やゴルフ場など主宰の大きなコンペなどに参加する場合は、指定された「マーカー」にスコアを記録してもらうことになります。

つまり自分以外の相手のスコアを数えることになります。
その場合にはプレイヤーがお互いにマーカーをしますが、確認のために自分のスコアも記入することになります。

マーカーがサインしたスコアカードに、プレイヤーが承認する意味でサインしスコアが確定しますが、サインが無い場合は失格になりますので必ず自署することを心がけましょう。

スコアカードの見方や記入方法のルール以外にも大切なポイントです。

プレー後もスコアカードを活用して、レベルアップ!

ゴルフはルールとマナーが重んじられる厳格なスポーツですが、自己管理が重要でスコアは自己申告の形式がとられています。

その性質ゆえスコアの管理は、プレーヤーの人格にまで及ぶ大切なものです。

スコアの管理は記入ミスがあったときにペナルティが課される場合があるくらいに大切な存在ですので、スコアカードの見方だけでなく最低限の記入方法のルールを頭に入れておきましょう。

またスコアカードの2枚目には自分の打ったクラブとそのクラブ使用時の軌道などを書き込んでおけば、自分のクセや改善方法が分り後に役立つのでおすすめです。

スコアカードはそのまま保存しても良いのですが、スマートフォンのアプリなどに入力しデジタル化することも可能です。

スコアカードはプレー中だけではなく、その後の自己分析のためにも大切なアイテムになってくれる頼もしい存在です。

スコアカードを上手く活用して、レベルアップを目指しましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

『スコアカード』の見方と記入方法のルール【初心者】

メニュー