ゴルフ初心者

ヤード表示の見方を正しく知って活かしていこう!

MUG

コースやゴルフ場に行くと距離がヤードで表示されています。

ゴルフ以外ではあまり使用しない単位のため、初めての人にはわかりにくいかもしれません。

そんなヤード表示の見方をしっかり学んで、コースに出ても間違えないようにしましょう。ゴルフ初心者の基本とも言えますよ!

(写真は山陽精工株式会社様より引用)

コースやゴルフ場に行くと距離がヤードで表示されています。

ゴルフ以外ではあまり使用しない単位のため、初めての人にはわかりにくいかもしれません。

そんなヤード表示の見方をしっかり学んで、コースに出ても間違えないようにしましょう。ゴルフ初心者の基本とも言えますよ!

(写真は山陽精工株式会社様より引用)

ヤードとはいったいどんな単位なのか?

表示や見方を学ぶ前にまずはヤードとは何なのか、それを知っておきましょう。

ヤードとは距離の基準となる単位であり、ゴルフだけでなくアメフトなどでも使用されています。

日本ではメートルが一般的ですが、世界で見るとヤードを基準にしているところも多くあります。

そしてそのヤードですが、1ヤードは0.9144mと定められています。

そこまで詳しく覚えておく必要はないため、1ヤードは0.9mなんだと覚えておくと、だいたいの距離が簡単に計算できるようになるでしょう。

練習場のヤード表示に関して

コースに出る前にまずは練習場でこのヤード表示に出会うはずです。

打ちっぱなしなどに行くと目の前にヤード表示の数字が書いてあり、そこまで飛べばそのヤードなんだなという見方をするのが一般的です。

しかしここに落とし穴があるため注意しておきましょう。まず、練習場のボールは通常のボールより飛びにくい場合があります。

その場合、ヤード表示も飛びにくいことを考慮しておいている場合があります。

そうなると実際の目視での距離感が変わってくるため事前に確認してから打ち始めることが大切でしょう。

(写真はベイウエストゴルフクラブ様より引用)

コース上でのヤード表示に関して

ゴルフコースに出ると、まずはコース全体のヤード表示を目にすることができます。この距離によってショートホールやロングホールが決まっています。

またラウンドが始まるとホールの横に杭が刺してあり、そこにヤード表示をしてくれています。

これを見ることでグリーンまで残り何ヤードなのか確認することができます。ゴルフ場で見た距離感とは誤差が出やすいため、打ち前に常に確認していくことが大切です。

またグリーンに乗ってからもピンの位置情報を事前にもらえるはずのため、何ヤードぐらいなのか確認することができます。それぞれの見方を学んでおきましょう。

(写真はマイベストプロ様より引用)

ヤード表示の見方の落とし穴!

いろいろなところにあるヤード表示の見方を理解したら、最後にしっかり確認しておかなければならないことがあります。

それはそのヤード表示がどこまでの距離なのかという点です。

100ヤードと書かれていて、100ヤードのショットを打った場合、グリーン手前ぐらいに落ちることがあります。それはもしかするとグリーンエッジまでのヤード表示だということかもしれません。

実際にはピンの位置を確認し、その距離も足して狙わないといけなくなります。もちろんコースによってはグリーンセンターまでの表示のところもあります。

事前の確認で防げるのでしっかり確認しましょう。

ヤード表示に関して見方と注意する点はわかったのではないでしょうか。自分のショットが何ヤード飛ぶのかを把握しておくことももちろん大切になります。

練習から自分の実力値をヤードで把握していくことがよりいいショットにつながっていきます。

(写真は山陽精工株式会社様より引用)

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

ヤード表示の見方を正しく知って活かしていこう!

メニュー