アイアンショットにおけるビハインド・ザ・ボールとは?

getty

スイング

アイアンショットにおけるビハインド・ザ・ボールとは?

daisuke

ゴルフのショットの基本として「ビハインド・ザ・ボール」を意識しろ!と言われることがあります。

アイアンショットにおいても言われることがあるのですが、その意味を正しく理解できている人は少ないかもしれません。

すでにビハインド・ザ・ボールとは何?となっている人もいるでしょう。

そんな方々のためにここで説明していきましょう♪

ゴルフのショットの基本として「ビハインド・ザ・ボール」を意識しろ!と言われることがあります。

アイアンショットにおいても言われることがあるのですが、その意味を正しく理解できている人は少ないかもしれません。

すでにビハインド・ザ・ボールとは何?となっている人もいるでしょう。

そんな方々のためにここで説明していきましょう♪

ビハインド・ザ・ボールとは?

ビハインド・ザ・ボールとは?

getty

誤解されやすいビハインド・ザ・ボールですが、多くの方が頭の位置をボールより右側に置け! と理解しているようです。

たしかにスイングにおいてヘッドアップを防ぐために意識することはいいのですが、その解釈だと、すでにボールを自分より左側に置いてあるドライバーショットはどうなるのでしょうか。

アイアンショットでも番手の小さいクラブはドライバーと同様に自分より左側に置くため、初めからビハインド・ザ・ボールができてしまっています。頭の位置どうこうよりも、まずは正しいボールの位置を理解するほうが大切です。

クラブによってボールのセット位置が変わる!

クラブによってボールのセット位置が変わる!

getty

アイアンショットに限らず、クラブにあったボールの位置を理解することでビハインド・ザ・ボールとは何なのか理解が早まります。

ドライバーの場合は先ほども述べましたが、自分よりかなり左側にセットしていきます。もちろんインパクトの位置も左にずれていきます。

反対に短いクラブの場合、自分の正面にボールが来るように構えます。インパクト時も同じです。

つまりどのクラブにおいてもアドレス時の頭の位置とスイングからインパクトの瞬間まで頭の位置は変化しないのです。

となると最初に述べた頭の位置をボールより右側というのはボールのセットした位置で決まることが理解できるでしょう。

ビハインド・ザ・ボールの本当の意味はそこではないのです。

ビハインド・ザ・ボールの本当の意味とは?

ビハインド・ザ・ボールの本当の意味とは?

getty

ビハインド・ザ・ボールの本当の意味とは次の3点が挙げられます。

1.アドレスした位置から頭の位置は動かさないようにする

2.クラブによってボールをセットする位置が変わってくる

3.自分の軸はアドレスの位置を中心とすること

この3点がビハインド・ザ・ボールに秘められた意味となります。これらはアイアンショットを上達させる上で必ず必要になってくるポイントです。自然とできているという人も多いですが、できていない人は意識して練習していくことで改善できるでしょう。

ビハインド・ザ・ボールの練習とは?

ビハインド・ザ・ボールの練習とは?

getty

先にも述べましたが、アイアンショットで一番大切なことは頭の位置を動かさないこと、ヘッドアップをしないことです。

そのため、ビハインド・ザ・ボールを実践するための練習として正しいのは、顔の向きを意識してアイアンショットを打つことです。

ボールに正対していることを意識するようにしましょう。ヘッドアップしている人はボールが飛ぶ前から飛んだ先のことを気にしてしまっています。

飛ぶ前から気にしてもいいことはありません。しっかりインパクトさせてから顔をボールの進行方向へ向くように意識して練習していきましょう。

ビハインド・ザ・ボールとはいったい何なのか理解できましたでしょうか? アイアンショットにおいて大切な3つのポイントを守るために意識しなさいということだったのです。

正しいアイアンショットが打てるように日頃から上記3ポイントを意識して練習していきましょう♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー