フェアウェイウッドがインサイドアウトになってしまう防止法は?
ゴルフクラブ

フェアウェイウッドがインサイドアウトになってしまう防止法は?

keiman

フェアウェイウッドですが、スマホで撮影した自分のスイングを見た時にインサイドアウトになって振っていることはありませんか?

インサイドアウトの軌道が強いと、ダフったり、極端な左曲がりのボールが出たり、極端に右に突き抜けていくボールが出たりするかと思います。

今回は、こちらのインサイドアウトになってしまう原因とその対策法をご紹介したいと思います。

フェアウェイウッドですが、スマホで撮影した自分のスイングを見た時にインサイドアウトになって振っていることはありませんか?

インサイドアウトの軌道が強いと、ダフったり、極端な左曲がりのボールが出たり、極端に右に突き抜けていくボールが出たりするかと思います。

今回は、こちらのインサイドアウトになってしまう原因とその対策法をご紹介したいと思います。

フェアウェイウッドとはいったい何?

フェアウェイウッドがインサイドアウトに出てしまう防止法を説明する前に、まずはこのクラブの使い道ご紹介しましょう。

フェアウェイウッドは、ドライバーの次に飛距離を追求したクラブと言っていいでしょう。見た目はドライバーのクラブのヘッドが少し小さくなったような感じです。

上達してくると、ミドルホールでドライバーで打ってしまうとグリーンを越えそうだというときにティーショットで使う時もあります。

つまり、飛距離を求めるクラブ=強く振りたくなるクラブということです。これがフェアウェイウッドのインサイドアウトの大きなげんいんの一つです。

フェアウェイウッドはなぜ飛ばせることができる?

フェアウェイウッドはなぜ飛ばせることができる?

getty

飛ばしたくなると必然的に、体重移動を積極的に使用することになるでしょう。体重移動を積極的に使用するということは、それだけ軸がぶれる可能性があるのです。

多くのアマチュアがフェアウェイウッドで飛ばしたいと思い体重移動を積極的に使いすぎて軸がぶれてミスをおこしているでしょう。

また、インサイドアウトでスイングをしていると、トップしやすくもなります。そのトップを防ぐためにボールをすくって打ちに行こうとします。その結果が今度はダフリを誘発することになってしまうのです・・・

フェアウェイウッドの正しい打ち方とは?

フェアウェイウッドの正しい打ち方とは?

getty

それでは、フェアウェイウッドの正しい打ち方を説明していきましょう。

先ほどもお伝えしましたが、体重移動とボールを打ち込む意識が重要です。

アマチュアの場合、実は体重移動をしすぎている方が意外と多いので次の点に注意してみてください。

それは、スイング時に内股を意識すること!

内股を意識してバックスイングでは軽く右足の内側に重心が行くように、フォロースイングではその逆を意識してみてください。

体重移動してない気になるかもしれませんが、これで結構十分です。

もう一点はボールを打ち込む意識!

フェアウェイウッドだからといって、滑らせることばかり意識せず少し打ち込むくらいで打つようにしましょう。

フェアウェイウッドは練習のマル秘ポイント!

フェアウェイウッドは練習のマル秘ポイント!

スイングで注意することはわかったと思いますが、ここでもう一つ練習時のマル秘ポイントをご紹介します。

それはボールの飛んでいく方向の右サイドにゴムティーやペットボトルなどの障害物を置くことです。

最初は少し離れた位置でもいいですが、これをするだけでもインサイドアウトに振るのが怖くなりスイングに変化が出てきます。こちらは周りには注意をして練習してください。

フェアウェイウッドについて疑問は解決できたでしょうか?しっかりと防止法を実践して正しい打ち方を身につけていきましょう♪

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

フェアウェイウッドがインサイドアウトになってしまう防止法は?

メニュー