安定したショットの近道!インパクトの手の浮きあがりを防ぐ方法

getty

スイング

安定したショットの近道!インパクトの手の浮きあがりを防ぐ方法

Fagio

アイアンショットにおいて、インパクトの瞬間に手が浮き上がってしまう人は少なくありません。しかし、手が浮くと、ショットの再現性が落ちシャンクやスライスのミスも増えてしまいます。どうすれば手の浮き上がりを防ぐことができるのか見ていきましょう。

アイアンショットにおいて、インパクトの瞬間に手が浮き上がってしまう人は少なくありません。しかし、手が浮くと、ショットの再現性が落ちシャンクやスライスのミスも増えてしまいます。どうすれば手の浮き上がりを防ぐことができるのか見ていきましょう。

1.右手で打つ感覚を身に付けよう

1.右手で打つ感覚を身に付けよう

getty

右利きの人の場合、左腕を意識して右手は添える程度でスイングする人が多数派だと思います。しかし、右手を添えるだけではどうしても手元が浮いてしまうのです。

インパクトの際の手の浮きあがりを防ぐためには「右手で打つ」感覚が重要です。

ダウンスイングの時に、常に左手に右手を上からつけるようにして、右手で振ってみてください。ためようとせず、ヘッドを早くリリースするのがポイントです。

左手リードでクラブを引っ張り下ろすのはNG。左サイドを動かさず、右手で手打ちするのが手が浮かないスイングです。

2.縦振りを矯正しよう

インパクトで手の浮き上がりが起こる原因の1つに、縦振りのスイングが挙げられます。

スイングを横振りに矯正すると、手の浮きを防ぐことができます。その練習法は、ボール位置からクラブがギリギリ届く暗い遠い距離に離れて立ってボールを打ってみることです。

はじめは上手なショットができないかもしれません。しかし、繰り返しているうちに縦振りのクセを直すことができ、真っ直ぐ飛ばすことができるようになるはずです。

3.左手の位置を意識しよう

3.左手の位置を意識しよう

getty

インパクトでの手の浮き上がりを防ぐにためには、スイングするときの左手の位置に意識を置くことが解決策となることもあります。

手元が浮くということは、左肩が上がってしまっているということ。左手の位置を意識することで、左肩が上がるのを防ぐというわけです。

具体的には、左手の甲側でボールを叩くイメージでスイングすること。そうすることで左肩を低い位置に保ったままスイングをすることができます。繰り返し行って、感覚を体で覚えましょう。

4.逆転の発想をしてみても

手の浮き上がりによるミスショットを防ぐには、逆転の発想をすることも有効です。インパクトで手元を浮かせないのではなく、スイングのはじめから手元を浮かせた状態にして、アドレスとインパクトの手の位置が変わらないようにお膳立てしてやればいいのです。

ハンドアップでアドレスすれば、クラブの面を保ってスイングすることができます。アドレスとインパクトで手の位置が変わらないのが理想的なスイングですから、応急処置的に試してほしい方法です。

いかがでしたか? インパクトの瞬間の手の浮き上がりを防ぐことができれば、それまで悩まされていたさまざまなミスを解消する手がかりになるかもしれません。ぜひこの記事を参考にしてスイングのチェックをしてみてくださいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー