明日使えるゴルフの雑学4種類!お友達との話題作りにいかが?

getty

ライフスタイル

明日使えるゴルフの雑学4種類!お友達との話題作りにいかが?

su-chan

初めての人とのラウンド、最初はそれとなく話題も出てきますが、徐々に会話が減ってきたりしていませんか?

そんな時にゴルフの雑学を知っていれば会話が盛り上がるかも!

今回はゴルファーなら誰しもが疑問に思うであろう4つの雑学をご紹介してきます。

初めての人とのラウンド、最初はそれとなく話題も出てきますが、徐々に会話が減ってきたりしていませんか?

そんな時にゴルフの雑学を知っていれば会話が盛り上がるかも!

今回はゴルファーなら誰しもが疑問に思うであろう4つの雑学をご紹介してきます。

ゴルフ場はどうして18ホールなの?

ゴルフを始めてみると、不思議に思う事がたくさんありますね。雑学の1つとして1ラウンドが18ホールある理由を、諸説あるの中から1つご紹介します。

ゴルフの発祥の地とされているスコットランドのお話です。当時のゴルフ場はとても寒く、ゴルファーは身体を暖めるためスコッチウィスキーを持ち歩き、1ホール終わるごとにキャップ1杯を飲んでいたそうです。

すると18ホール目が終わったところでポケットの中のウィスキーが空になっており、寒くてプレーに集中できないことから1ラウンドが18ホールになったと言われています。

1コースの最大所持本数が14本の理由

コースに持って入ることができる最大本数の上限がなかった時代は、何十本も持参してくる人が多かったそうです。

その為に、リヤカーいっぱいにゴルフクラブを持ち込んで、キャディーさんにひかせるような人もいたそうです。

しかし、それではキャディーさんが大きすぎるため、スコットランドのキャディーで組織している労働組合が、イギリスの全英ゴルフ協会に改善を求めました。

その後ルール上にクラブの所持制限ができました。クラブの本数は当初13本が適切だと言われましたが、西洋では13という数字が忌み嫌われているので1つ足した14本が上限となったのです。

誰もが狙ってみたい!ホールインワンのでる確率は?

誰もが狙ってみたい!ホールインワンのでる確率は?

getty

ゴルフを始めると誰もが狙ってみたいと思うホールインワンですが、ここで1つ雑学を紹介しましょう。

ゴルファーや条件によって確立の出し方が変わってきますが、上級~中級のアマチュアゴルファーがホールインワンを出す確率は、1/5000~1/15000と言われています。

つまり大体2000ラウンドに1回出る確率といえるでしょう。2000ラウンドは年に50ラウンドまわっても40年は優にかかります。やはり、ホールインワンを出すのは難しいようですね。

ヘッドカバーは日本人が発明した?

最後に日本人ならではの考え方が生み出したヘッドカバーの雑学です。ある日、鈴木商会のロンドン支店長として赴任していた、後に日商岩井の会長になった人物である高畑氏が、現地の人からの勧めでゴルフを始める事になりました。

その際に入手した新品のウッドは紙で簡単にくるんであったそうです。きれいな光沢のヘッドを傷つけたくなかった高畑氏は、靴下をかぶせて持ち帰ったと言われています。

その後は、友人の妹に毛糸で編んでもらったカバーをつけてコースを回ったそうです。それが、ゴルフ仲間に伝わり現在のような立派なゴルフカバーができるきっかけになりました。

まとめ

まとめ

getty

ゴルフを始めたばかりの初級者から少しづつ腕を上げてきた中級者の方も、明日一緒にコースを回る相手話すと面白い雑学をいくつか紹介しました。

明日すぐに使えるものばかりなので、話題の中に盛り込んでみてはいかがでしょうか。

ゴルフはスコアを競うだけではなく一緒にプレーしている相手とのコミュニケーションを楽しむスポーツでもあります。ぜひ気軽に長くゴルフと付き合ってみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー