アイアンのバックスピン量を増やすにはどうしたらいいの?

getty

ゴルフスイング

アイアンのバックスピン量を増やすにはどうしたらいいの?

meison

狙ったところにボールを運びたいと、アイアンを手に取ります。

しかし、狙ったところに落ちたものの、そのまま転がっていってしまったという経験はあるでしょう。

ボールを止める方法の1つにスピンを掛けて止めるやり方があります。

そのために、スピン量が重要になりますが、どうすれば増やすことができるのでしょうか?

狙ったところにボールを運びたいと、アイアンを手に取ります。

しかし、狙ったところに落ちたものの、そのまま転がっていってしまったという経験はあるでしょう。

ボールを止める方法の1つにスピンを掛けて止めるやり方があります。

そのために、スピン量が重要になりますが、どうすれば増やすことができるのでしょうか?

スピン量が少ないゴルファーの特徴は?

スピン量が少ないゴルファーの特徴は?

同じアイアンを使って実力的にも同じくらいのゴルファーが二人いるとします。

この二人のスピン量を計測すると、2倍ほど違いが出るときがあります。スピン量が少ないゴルファーのスイングには特徴があるのです。

スピン量が少ないゴルファーの特徴は、クラブの軌道がインサイドアウトになっています。

また、ダウンスイング時にシャフトが寝てしまっているためスピン量が少なくなります。

インサイドアウトはミスが出やすい軌道なので、アウトサイドインに修正していくことから始めましょう。

スピン量が多いゴルファーの特徴は?

スピン量が多いゴルファーの特徴は?

getty

スピン量が多いゴルファーの特徴は、クラブの軌道がアウトサイドインになっています。

ダウンスイング時に手首のコックが早くほどけ、ヘッドが高い位置から降ります。

つまり、同じアイアンを使っていてもスイングによってスピン量は相当に変わるのです。

右手を使って打つタイプを手打ちタイプといいます。このタイプは手の運動量が多くなるのが特徴ですが、手の運動量が多いとスピン量が多くなります。

このように、正しいスイングを身につけることによってスピン量を増やすことができます。

スピン量を増やすにはどうすればいい?

スピン量を増やすにはどうすればいい?

getty

スピン量を増やすには、正しいスイングを身に付ける事が大切です。アイアンをより高価な物に変えても、スイングがインサイドアウトになっているなど問題があればスピン量は少なくなってしまいます。

正しいスイングを身につけるには、まず正しい構え方を身に付けなければいけません。

気を付けるポイントはグリップ、前傾角度、重心の位置、ボールの位置の4つです。

これを間違えていると、インパクトの瞬間にクラブが変な方向を向いてしまいます。それが原因でボールが曲がったりスピン量が少なくなるなど問題が起きます。

最適なスピン量の目安は?

最適なスピン量の目安は?

getty

これまでは、アイアンでの最適なスピン量は番手の1000倍だと言われていました。しかし、ある計算式によって最適スピン量を求めることができます。

3×ヘッドスピード(mph)×スピンロフト(度)=最適スピン量になります。

また、日本だとmphではなくm/sの表示です。

それを考慮すると
1mph=0.44704m/s
となるので、

6.7×ヘッドスピード(m/s)×スピンロフト(度)=最適スピン量
という計算式になります。

スピンロフトとは、クラブのインパクトロフト角にダウンブローの入射角(アタックアングル)を足したものを言います。

こちらは、計算式としてお出ししましたが、なかなか個人で計測することが難しいので先ほど記載した番手の1000倍程度だと思っておくのが良いでしょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

アイアンのバックスピン量を増やすにはどうしたらいいの?

メニュー