100切りにはショートアイアンの練習が不可欠!

getty

ゴルフスイング

100切りにはショートアイアンの練習が不可欠!

REDマン

ゴルフのショットの中で、グリーン周りのアプローチが苦手だという方がおられるのではないでしょうか。

ここではアプローチに使われるショートアイアンについて、詳しくご説明したいと思います。

ショートアイアンについて深く理解し、アプローチを強化しましょう。

ゴルフのショットの中で、グリーン周りのアプローチが苦手だという方がおられるのではないでしょうか。

ここではアプローチに使われるショートアイアンについて、詳しくご説明したいと思います。

ショートアイアンについて深く理解し、アプローチを強化しましょう。

ショートアイアンとはどんなクラブか

ショートアイアンは、8番アイアンから下の番手、短い距離を打つためのクラブのことを指します。

ピッチングウェッジ、アプローチウェッジを含めてショートアイアンと呼ぶこともあります。

主にグリーンを狙うショットに用いられます。

クラブのシャフトが短く、振りやすいのが特徴です。

フェースの角度も大きいのでボールが上がりやすく、高弾道のショットに適しています。

ショートアイアンの使いどころ

ショートアイアンの使いどころ

getty

ショートアイアンのメインの役目はアプローチショットですが、トラブル回避の際にも役に立ってくれます。

ウッドやロングアイアンに比べてショートアイアンはフェースが上を向いているため、高い弾道のボールが打ちやすくなっています。

障害物(林や池など)を越えたいときに、ミスの確率が低く、かつ高弾道のショットを狙えるので、安全なプレイが可能です。

ボールが深いラフに捕まったときもショートアイアンの出番です。

フェースが開いているので他のクラブよりも芝の抵抗を受けにくく、確実なショットが期待できます。

ショートアイアンの打ち方その1

ショートアイアンの打ち方その1

getty

ショートアイアンで打つときは、ボールの位置が重要になります。

スタンスの中央を基準とし、自分が打ちやすい位置を探して微調整してください。ボール半個分ずつ左右に移動させ、何度も試してみましょう。

グリップの位置も大事になってきます。構えた際に両手で握ったグリップが丁度股間の真ん中に来る方が多いと思いますが、これではスライスや引っ掛けが増えてしまいます。

それを避けるためにも、両手で握ったグリップが左太腿の内側辺りに来るように構えましょう。

ハンドファーストの構えが作れるはずです。

ショートアイアンの打ち方その2

ショートアイアンの打ち方その2

getty

ショートアイアンのスイングのコツはダウンブローです。

ボールをしっかりと芯で捉えることができ、さらにバックスピンもかけられます。

グリップの位置が左太腿の内側辺りに来る構えがちゃんとできていれば、インパクトの瞬間にグリップがボールよりも前に来ているはずなので、綺麗なダウンブローになるはずです。

目線にも注意が必要です。ボールを高く上げようと思うあまり、無意識のうちにアドレスで目線が高くなってしまうことがあります。

目線が上がると右肩が下がりやすくなり、トップやダフリを誘発してしまうのです。

ボールの軌道は考えず、落ちついてフォームを確認しましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

100切りにはショートアイアンの練習が不可欠!

メニュー