スコアUPに即直結する、アプローチの基本練習法3選!

getty

ゴルフスイング

スコアUPに即直結する、アプローチの基本練習法3選!

golfer54

グリーンまであと数10ヤード。ラウンドに出るとよく起きる展開です。

心を律して、さあ打った! けれどもボールはピンをゆうに超え、奥へ入るならまだしも、バンカーや池にポチャリ……なんて経験、あると思います。

フルスイングする必要のないアプローチこそ、練習すれば上達もするし、スコアに直結してくるポイント。

さあ! アプローチ練習に出かけましょう!

グリーンまであと数10ヤード。ラウンドに出るとよく起きる展開です。

心を律して、さあ打った! けれどもボールはピンをゆうに超え、奥へ入るならまだしも、バンカーや池にポチャリ……なんて経験、あると思います。

フルスイングする必要のないアプローチこそ、練習すれば上達もするし、スコアに直結してくるポイント。

さあ! アプローチ練習に出かけましょう!

アプローチの練習ができる場所

アプローチの練習ができる場所

getty

基本的に、アプローチの練習はどこでできるのでしょうか。

まずは、通常の打ちっぱなし練習場。200ヤードも飛ばせる場所で数10ヤードのアプローチを練習するのはもったいない気もしますが、常にフルスイングの練習をしていてもスコアは伸びません。

何ヤード飛ばしたかが確認できる練習場で、アプローチも練習メニューに入れるようにしましょう。

ゴルフ場によっては、パッティンググリーンや打席練習場のそばにアプローチ練習場があるコースもあります。

実際のコースをイメージした作りで、小山になっていたり、そばにバンカーがあったり、実戦に近いアプローチ練習ができるのでオススメです。

その他、フルスイングするわけではないので、パターマットやアプローチ用ネットを使って目標物を作り、自宅で練習するのもありです。


↓室内アプローチ練習用のネット「ダイヤ ベタピンアプローチ」

振り幅で距離感を身につける練習方法

振り幅で距離感を身につける練習方法

getty

まずはアプローチでどれくらいで打てばどれくらい飛ぶのか、基本となる距離感を養うことは大切です。

力加減ではなく、振り幅で距離感が出せるように練習しましょう。

方法としては、30ヤードの看板を目指しながら、1打目は5ヤード程度を打ち、2打目はその球を超えるように打ち、3打目はまたその距離を超える……と繰り返していきます。

5ヤード、10ヤード、15ヤードと、最終30ヤードまでどれだけ細かい距離の球が打てるか、ゲーム感覚で練習をしてみましょう。

ティーアップした球を打つ練習方法

ティーアップした球を打つ練習方法

getty

アプローチショットはティーアップしないために、練習もティーアップなしで地面から打つように思う方は多いかもしれません。

しかし、アプローチの距離感を身につけるにも、安定して常に芯で打つことが大切なので、基本をしっかり身につけるためにも低めにティーアップした球を打つ練習をするのは効果的です。

その時も、両手や右手だけで芯に当たるように打ってみましょう。軸がブレると芯に当たらないので、意外と難しいはずです。

手打ちにならないように、フォームをしっかりと安定させて打ちましょう。

※練習場によっては、ティーアップしてのアイアン練習を禁止しているところもあります。そのような場合は、練習場の指示に従いましょう。

スイングとアプローチ上達の効率を上げる練習方法

初心者は特に、基本の型がまだまだ身についていないことは多いと思います。

そのような状態では、アプローチも腕・手首だけで手加減する手打ちのクセが身についてしまう恐れがあります。

そんな時はスイングの基本動作もしっかり踏まえながらアプローチの練習をするのがオススメです。

雑巾をボールの後ろに10センチほど離して置き、その隙間を狙ってクラブを正しく入れて打つ練習を反復します。

腕や手首だけでスイングを調整しているようであれば雑巾に当たってしまいます。

常に胸の正面に両腕でできた三角形があることを意識して、体の回転だけでボールを運ぶ感覚でアプローチしてみましょう。

これをすれば手打ちになりやすいアプローチのスイングを矯正しながら練習ができます。

ちなみにこの練習は、アイアンできちんとしたダウンブローを身につけるのにも役立ちます。

上記3つのアプローチ練習を繰り返し行ってアプローチ名人を目指しましょう! 自然とスコアも縮まっているはずですよ!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

スコアUPに即直結する、アプローチの基本練習法3選!

メニュー