ドライバーでハイボールショットを打ちたい人へお伝えします!

getty

スイング

ドライバーでハイボールショットを打ちたい人へお伝えします!

REDマン

なかなかドライバーで高さが出ずに悩んでいる人を目にします。

やっぱりハイボールなショットが打てた方が飛距離も出ますし、なにより打った感が強くスカッとできます。

そんなハイボールが打てない人たちのために、打つためのポイントを紹介していきます。

なかなかドライバーで高さが出ずに悩んでいる人を目にします。

やっぱりハイボールなショットが打てた方が飛距離も出ますし、なにより打った感が強くスカッとできます。

そんなハイボールが打てない人たちのために、打つためのポイントを紹介していきます。

芯に当ててしっかりと打つこと!

芯に当ててしっかりと打つこと!

getty

ドライバーでハイボールショットを打つには、まずは芯をしっかりととらえなければなりません。

そもそもドライバーはロフト角が一番小さいクラブであるため、ハイボールにならなくて当然です。飛距離さえ出るのであれば低いショットでも問題ありません。

それでも自分の理想とは違って、もっとボールをあげたいなと感じていたら、まずはしっかり芯でとらえることを意識してみましょう。

クラブは構造上芯をとらえると理想的な高さになるように設計されています。フェースのど真ん中でとらえられているのか、確認しながら練習していくようにしましょう。

自分に適したロフト角のドライバーにしよう!

自分に適したロフト角のドライバーにしよう!

getty

ドライバーでハイボールショットを打つために次に大切なことは自分に合ったロフト角のドライバーを持つということです。

自分の身長や腕の長さ、打ち出すボールの特徴によってクラブ選びは変わってきます。自分に適したロフト角が必ずあるため、見つけられるようにしていきましょう。

ボールの高さは打ち出し角とバックスピンで決められてきます。打ち出し角はロフト角によって左右されてくるため、自分に合っていない場合、適した角度が出てきません。

ティーの高さを適切なものにしよう!

ティーの高さを適切なものにしよう!

getty

ドライバーが他のクラブと違う点といったらティーアップが出来るという点です。そのためハイボールショットを打つには適切なティーアップが重要となってきます。

基本的にはボールがヘッドから半分くらい出ているのが理想と言われていますが、それぞれ誤差があるため、適した高さを見つけていきましょう。

よりハイボールを打ちたいと思うようになればティーアップを高めにし、ヘッドを浮かせて構えるようにしましょう。

その状態で芯をとらえられると必然的にハイボールが打てるようになります。

ストレートショットが打てるようになろう!

ストレートショットが打てるようになろう!

getty

ドライバーでハイボールショットが打ちたければ曲がらない球を打つことが大切です。フックボールが多い人の場合、インパクトの時にフェースが閉じているためそのような球筋になってしまうのですが、フェースが閉じるとロフト角が小さくなってしまいます。

自ずと球が上がらなくなってしまうのです。反対にスライスの球筋の場合はフェースが開いているためロフト角が大きくなります。

そのためテンプラのような、ただただ球が高い球が多くなるのです。適切に飛ばすためには正確なストレートショットが必要なのです。

ドライバーでハイボールショットを打つために必要なことは理解できましたでしょうか?

決して無理に高さを出す必要はありませんが、理想と違うのであれば修正が必要です。高さで悩んでいるのであれば、ここでのことを実践してみてください。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー