ドライバーで飛ばす秘訣とは?打ち方の心得とコツ
ゴルフスイング

ドライバーで飛ばす秘訣とは?打ち方の心得とコツ

keiman

大きな空へ向かって自分のボールが高く遠くまで飛んでいくというのは、とても気持ちがいいものです。

もっとボールを飛ばしたい、というのはゴルフプレイヤーなら誰もが一度は考えることではないでしょうか。

ドライバーの打ち方やコツをマスターするとボールの飛距離も変わります。今以上ボールを飛ばしたい、という方は必見です。

大きな空へ向かって自分のボールが高く遠くまで飛んでいくというのは、とても気持ちがいいものです。

もっとボールを飛ばしたい、というのはゴルフプレイヤーなら誰もが一度は考えることではないでしょうか。

ドライバーの打ち方やコツをマスターするとボールの飛距離も変わります。今以上ボールを飛ばしたい、という方は必見です。

飛ばしたいときほどリキまない!

飛ばしたいときほどリキまない!

誰もがボールを飛ばしたい時には力強くスイングして思いっきりリキんでドライバーをスイングするのではないでしょうか。

しかしあまりにもリキんでドライバーをスイングすると逆効果になってしまいます。

手首や腕がリキんだ状態でスイングするとドライバーのスピードも落ち、ヘッドスピードが落ちます。

ボールをもっと飛ばしたい、という時にはヘッドスピードを落とさないことが大切ですので、スイングする時にはリキまないように気を付けましょう。

飛ばしたいときのドライバーの握り方は?

飛ばしたいときのドライバーの握り方は?

クラブのシャフトを見てみると、ボールを飛ばすためのクラブはシャフトが長いのがわかります。

ドライバーもシャフトが長いですよね?これは、シャフトが長いとヘッドスピードが高まるためです。

これをドライバーを握る時にも応用して、グリップエンドのギリギリを握るようにしてみてください。

いつも通りのスイングでも、ヘッドスピードが高まっているのがわかるでしょう。

ヘッドスピードが高まるとボールも飛ばすことができますので、ぜひお試しください。

しかし、シャフトが長いので曲がりやすくなるなどのミスも多くなります。

練習を積んでから本番で試すようにしてくださいね。

インパクトでフェースを開かないようにする

インパクトでフェースを開かないようにする

インパクトの時のフェースの向きは、ボールを飛ばしたい、という時にはとても重要です。

ヘッドスピードが同じでもフェースがインパクトで開いてしまうと飛距離もかなり変わってしまいます。

グリップした時点で左のグリップが浅く、ウィークグリップとなってしまってフェースが開いてしまうことが多いので気を付けましょう。

ゴルフを始めた時に正しいグリップの作り方を練習した人も多いでしょうが、練習しているうちに自己流になってしまうことはよくあります。

グリップエンドを体の中心にセットしてクラブと地面が平行になるように右手で持ち、左手はだらんとした状態のままでグリップを握る。

というのは何回もやったとは思いますが、初心に返って改めてドライバーを持ち、今一度確認してみましょう。

自分に合ったドライバー選びも重要

自分に合ったドライバー選びも重要

シャフトの長いドライバーならボールをより飛ばすことができますが、プレイヤーの体に合わないドライバーではきちんと振ることができずに飛距離を伸ばすこともできません。

自分の体にぴったりの、相性のいいドライバーを見つけることが大切です。


また、もっとボールを飛ばしたい、と思った時には筋トレも大切なポイントとなります。
ゴルフでは体幹を鍛えると体の軸が安定するのでクラブを振りやすくなります。

筋トレは面倒だし辛いし、と思っていては今以上飛ばすことはできないかもしれませんので、軽い気持ちで筋トレも始めてみてはいかがでしょうか。

トレーニングを重ねることでヘッドスピードも速くなりますのでおすすめです。

リキまず、自分に合ったドライバーでボールを飛ばして気持ちよくゴルフを堪能してくださいね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

ドライバーで飛ばす秘訣とは?打ち方の心得とコツ

メニュー