スイング

苦手意識を克服しよう!沈んだライからのアイアンショット

BARMAN

沈んだライではウェッジでまず脱出するのも手ですが、距離が残っているような場合にはどうしてもアイアンショットでグリーンを狙いたい場面も出てきます。

しかし悪いライからの一発逆転を狙ったアイアンショットってミスも多いんですよね。これで痛い目を見たことがあるゴルファーも多いはずです。

自信を持って沈んだライからアイアンショットでグリーンを狙えるようにしていきましょう。

沈んだライではウェッジでまず脱出するのも手ですが、距離が残っているような場合にはどうしてもアイアンショットでグリーンを狙いたい場面も出てきます。

しかし悪いライからの一発逆転を狙ったアイアンショットってミスも多いんですよね。これで痛い目を見たことがあるゴルファーも多いはずです。

自信を持って沈んだライからアイアンショットでグリーンを狙えるようにしていきましょう。

右手の親指と人差し指がカギ?

長いラフや、目玉と呼ばれるようなバンカーの沈んだライからのアイアンショットでは、右手の人差し指と親指がカギを握っています。

それは、沈んだライのボールをアイアンで打つときに、どうしても芝や砂の抵抗が大きくなります。

ここでグリップの右手が緩んでいると、抵抗に負けてフェースが安定せず、回転してしまうこともあります。

そうならないために右手の人差し指と親指で「ギュッ」とつまむようなイメージでフェースをしっかり固定してあげましょう。

いつもより上から打ち込むイメージでスイング

いつもより上から打ち込むイメージでスイング

getty

アイアンはダウンブローで打つ、というのは基本でもありますが沈んだライからのアイアンショットの場合、さらに上から打ち込むイメージでスイングするようにします。

これはインパクトの瞬間、芝や砂がボールとフェースの間の障害となってしまいます。それが原因でしっかりボールが捉えられなくなってしまうからです。

ひどい場合にはスイングが途中で止まってしまって振りきれず、ラフやバンカーから脱出できないなんてことも。

それを少しでも避けるために、いつも以上にダウンブローを意識して打ち込むようにしましょう。

フェースを目標に向かって真っ直ぐに打ち出そう

沈んだライからのアイアンショットでは、目標に向かって真っ直ぐ打ち出すイメージを大切にしましょう。

スイング時に具体的には手の平でそのままボールを運ぶ感覚を持つようにしましょう。

また、この時に気をつけるもう一つのポイントをお伝えします。

それは、ボールと、狙いたい場所を結んだ飛球線上の「ライ」!

沈んだライはプロでも脱出が難しいものです。ですから、万が一ボールが思ったよりも飛ばなかったとしても、次のショットが打ちやすいライに残せるように、打つ前に飛球線のライを確認するようにしましょう!

番手選びを欲張らないで!

「グリーンまでまだ200ヤードあるから」と言っていきなりフェアウェイウッドやロングアイアンなどを持ち出すのは危険です。

クラブが長くなることで、インパクトの抵抗が強くなります。沈んだライではその抵抗に負けやすくなってしまいますので、せいぜい7番アイアンまでにしておきましょう。

ツアープロのバンカーショットでもミドルアイアン、ましてロングアイアンを沈んだライで使う方はいないでしょう。

ウェッジで脱出だけさせるよりは、しっかり打てれば距離は出ますので欲張らないようにするのが肝要ですよ。

いかがでしたか?

明日からのラウンドでティーショットがラフやバンカーに入ってしまった場合でも、落ち着いてアイアンショットで脱出してみましょう!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー