ランニングアプローチのクラブ選択や打ち方のコツとは!?

getty

ゴルフスイング

ランニングアプローチのクラブ選択や打ち方のコツとは!?

ミスター33

グリーン周りの花道や、ピンまであまり距離がない場合には、「ランニングアプローチ」が得策です。

ボールを転がして攻めるランニングアプローチは、うまくいけばチップインの可能性まで膨らみます。

大半のアマゴルファーは、アプローチショットはウェッジで打つという考え方が支配的です。

間違いではありませんが、短い距離を初心者がウェッジでボールを高く上げて寄せるのは、とても難しいテクニックです。

そこで、クラブの選択やボールの位置、打ち方など、ランニングアプローチについてお話します。

グリーン周りの花道や、ピンまであまり距離がない場合には、「ランニングアプローチ」が得策です。

ボールを転がして攻めるランニングアプローチは、うまくいけばチップインの可能性まで膨らみます。

大半のアマゴルファーは、アプローチショットはウェッジで打つという考え方が支配的です。

間違いではありませんが、短い距離を初心者がウェッジでボールを高く上げて寄せるのは、とても難しいテクニックです。

そこで、クラブの選択やボールの位置、打ち方など、ランニングアプローチについてお話します。

転がすアプローチでチップインを狙いたい! クラブの選択は?

転がすアプローチでチップインを狙いたい! クラブの選択は?

getty

ボールを転がして、グリーン周りからピンに寄せることがランニングアプローチの目的です。

必然的に、ボールを転がすことが容易なクラブ選択になります。

普段はサンドウェッジやアプローチウェッジに慣れていても、ケースによっては5番アイアンからピッチングウェッジまでのクラブを選択します。

ロフトが寝ているサンドウェッジやアプローチウェッジで、ロフトを立てて転がす方法もありますが、クラブの入射角度で距離が変わり、スピンもかかりやすく、コントロールが難しいので最適ではありません。

転がすアプローチでチップインに最適なボールの位置は?

転がすアプローチでは、右足寄りにボールを置くことが一般的のようですが、実は避けるべきです。

まず、スタンスは肩幅以内、ボールの位置は左足のかかとからスタンスの中央までに置きます。

なぜ一般的に言われる右足寄りではいけないのかは、スタンス中央よりも右側にボールを置くと、クラブのロフトが強くなり、狙ったロフト通りに球が飛ばない危険性があるからです。

さらに、クラブフェイスを被せる度合いや微妙なグリーン周りのボールの位置の違いで、方向性が定まらず、不安定になる恐れもあります。


動画はウェッジですが、この位置がいいですね!

転がすアプローチでチップイン狙い!打ち方は?

大きく分けると、2通りの打ち方があります。

1つは、通常のショットのように肩から三角形をキープしたままの感覚で打つスタイル。

2つ目の方法は、パッティングする時のような感覚と同じ打ち方です。

グリーン周りでのアプローチが苦手な方は、危険性が少ないパッティングと同じようにスイングする方法がおすすめです。

少なくともトップやダフリのようなミスショットは大幅に減ります。

そして次はどう転がして寄せるかを考えましょう。

ミスを防ぎ、確実にプレーするならボールを上げるよりも転がしたほうが賢明ですね!

転がせる状況であれば、迷わずパターを選択です。


グリーン外からパターで寄せる(動画)↓

ウェッジで転がすアプローチは?

転がすアプローチを選べない場合や、グリーン周りから比較的距離がある場合には、初めてウェッジという選択肢が出てきます。

アプローチウェッジやサンドウェッジの各特徴を把握し、振り幅を変えながら打って寄せるのが常道です。

転がしても、高く上げても、結果が同じならチップインを狙える簡単な方法がベストです。

転がして寄せるのも重要な戦略なので、積極的に転がすのがスコアアップには最適です。

ピタっとくれば、チップインも夢ではありません。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

ランニングアプローチのクラブ選択や打ち方のコツとは!?

メニュー