ゴルファーの鬼門、バックスイングのスウェーの防止法

getty

ゴルフスイング

ゴルファーの鬼門、バックスイングのスウェーの防止法

sakabeeee

何年経ってもゴルフが上手くならないというのは、初心者だけの話ではありません。

特にドライバーがどうしてもスライスしてしまう中級者の方は、今一度スイングを見直してみませんか。

アマチュアの典型的なミスと言われているスウェーの原因と正しいバックスイングについて解説します。

何年経ってもゴルフが上手くならないというのは、初心者だけの話ではありません。

特にドライバーがどうしてもスライスしてしまう中級者の方は、今一度スイングを見直してみませんか。

アマチュアの典型的なミスと言われているスウェーの原因と正しいバックスイングについて解説します。

力み過ぎないスイングを心がけよう!

力み過ぎないスイングを心がけよう!

getty

第1ホールの一打目は誰もがドライバーでナイスショットといきたいものです。

体が回らず、スタートから出鼻をくじかれてしまうことは誰でも経験があるでしょう。

特に、ドライバーは一緒にラウンドするメンバーに飛距離で負けたくないと力んでしまうと身体の中心部が揺れ動いてしまい、ミート率が一気に下り、トップやダフリ、フックにスライスというさまざまなミスショットを誘発します。

まずは、スウェーを防止するにはバックスイングで力み過ぎないことが大切です。ゆっくりスイングすることをどんな状況のときにも念頭に置くことが大切です。

基本に始まり基本で終わる

基本に始まり基本で終わる

getty

ラウンドしていて、今の自分に難しい状況で冷静になれますか?

練習場では上手くいくのに、ラウンドではさっぱりという方もいるでしょう。その原因もまた、バックスイングやダウンスイング中にスウェーが起こっている可能性があります。

ゴルフスイングは、回転運動と上下半身の捻転差によってできています。

高度な技術としての重心移動が、スウェーと勘違いされることもありますが、スイング中に身体の軸が激しく動くことは方向性にも飛距離にも悪影響しか与えません。

基本に始まり基本で終わることが、スウェーを防止します。

バックスイングとは何か

バックスイングとは何か

getty

正しいバックスイングとは何でしょう。

欲しい飛距離と方向性を生み出す前置き部分です。ではなぜスウェーしてしまうのでしょう。

それはバックスイングが正しく行われないから飛距離不足を本能的に察してしまうからです。

クラブというのは、ドライバーでもアイアンでもスイング中にしなります。しならせることで飛距離を稼いでいます。

遠くに飛ばそうとして、一層力を入れて腕を振っても限界があるのです。

だからこそ、スウェーをせずに股関節の左右の入れ替えを意識したバックスイングを身につける必要があるのです。身体がしなやかに動かなければ、スイングは安定しません。

横移動ではなく回転する

横移動ではなく回転する

getty

正しくバックスイングをしても、インパクトまでにスウェーしては意味がありません。

ボールを置かずに腰や肩を回したバックスイングして、その場で腰を切っていきます。

身体の軸は背骨ですから、腰を切れば背骨を中心に身体は外から見て前に移動しても良いのです。

ではスウェーと回転運動の最も異なる場所はどこなのでしょう。それは右脚の膝がどちら向きに動いて来たかで分かります。

回転運動をすれば、右膝は左膝にぶつかるほど近づきますが、スウェーではそうなりません。身体ごと揺れているだけです。

膝の動きに注意して、回転運動を身体が覚えるまで反復して基本練習すれば、スウェーをしないスイングが身に付くでしょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。

次の記事

ゴルファーの鬼門、バックスイングのスウェーの防止法

メニュー