ゴルフウェア

男性必読!ゴルフ場の短パンマナーを知ろう

REDマン

ゴルフといえばフォーマルウェアですが、最近では男女共に短パンなどのカジュアルウェアが着られるようになっています。

しかし、あくまでマナーを踏まえて、皆で楽しくファッションを楽しみたいものです。

男性ゴルファー必読の、短パンに関するマナーをご紹介します。

ゴルフといえばフォーマルウェアですが、最近では男女共に短パンなどのカジュアルウェアが着られるようになっています。

しかし、あくまでマナーを踏まえて、皆で楽しくファッションを楽しみたいものです。

男性ゴルファー必読の、短パンに関するマナーをご紹介します。

近年流行りの短パンファッションとは?

男性ゴルファーといえば、フォーマルなジャケットにスラックスのイメージがありました。

しかし、海外のプロツアーでも練習日は短パンが解禁になるなどプロも含めて、夏には短パンを履いている人が多くいます。

機能性や通気性を追求した短パンを開発しているゴルフメーカーも豊富で、これらのメーカー品を履いていれば、間違いなくマナー違反にはなりません。

しかしゴルフ場によっては、来場・退場時やプレー時に独自のルールを設けており、短パンが許されなかったり、ソックスの丈など規定がされている場合があります。

念のため、プレーするゴルフ場の規則を確認すると良いでしょう。

気をつけたい、短パンの丈や柄

女性の場合は短めの丈の短パンもありますが、男性の場合は基本的にひざ上丈で、短すぎないものを選びましょう。

短すぎるとマナー違反になってしまいます。

デニムやカーゴパンツなど、カジュアルすぎる素材やデザインも避けましょう。

おしゃれに履きこなしたいのであれば、シンプルな無地はもちろんのこと、ボーダーなど爽やかな柄にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ソックスはどうすれば良い?

男性が短パンを履く時、ソックスに関しては様々なルールが混在している状況です。

カジュアルを売りにしているコースでは、ショートソックスでも大丈夫ですが、基本的にはハイソックスか、くるぶしが隠れる長さのショートソックスが望ましいとされています。

しかしゴルフ場によっては、ハイソックスしか認めていない所もあるため、事前の確認が欠かせません。

ソックスの柄についても、自由な所と白しか認められない所とがあるため、確認しておきましょう。

アンダーウェアで最新コーディネート

ソックスだけでなく、短パンに合わせられる男性用ウェアが続々と開発されています。

たとえば動きやすさと性能を追求した高機能素材で作られたレギンスやロングタイツです。

またふくらはぎをカバーするようなアンダーウェアも販売されています。

いずれも短パンの下に着用することで、自然に肌を隠し、長いコースでの1日をサポートしてくれます。

これらのアンダーウェアを活用することで、紫外線対策や熱中症予防にもなり、オシャレと機能性を両立させることができます。

いかがでしたでしょうか。これから暑い季節になりますがルールを守ってクールにラウンドしてくださいね!

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

男性必読!ゴルフ場の短パンマナーを知ろう

メニュー