コツは背骨にあった!軸を意識して安定したスイングを手にいれろ

getty

スイング

コツは背骨にあった!軸を意識して安定したスイングを手にいれろ

kuisinbo

ゴルフでコンスタントに良いスコアをマークするためには、スイングをしっかりと安定させることが必要です。

ミスへの不安がなくなれば、難しい場面でももっともっとアグレッシブなゴルフができるはず!

この記事では、スイングが安定するためにはどんなことを意識すればいいのか、コツをまとめてみました。

ゴルフでコンスタントに良いスコアをマークするためには、スイングをしっかりと安定させることが必要です。

ミスへの不安がなくなれば、難しい場面でももっともっとアグレッシブなゴルフができるはず!

この記事では、スイングが安定するためにはどんなことを意識すればいいのか、コツをまとめてみました。

1.背骨を意識することが安定したスイングのコツ

ゴルフのスイングというのは、背骨を1本の軸とした回転運動です。

背骨が中心の横振りから、骨盤をボールの方へと傾けるように意識することが安定したスイングのコツです。

骨盤を傾けることで、トップの手の位置がスイング軸から遠くなり、斜めのスイングプレーン(トップ位置のグリップエンドとボールを結んだ線の上に描かれる平面)が生まれます。

スイング時には右手が下にくるため、背骨は右に傾いています。傾いた背骨を中心として体を回転させます。

2.胸側軸ではスイングは安定しない

2.胸側軸ではスイングは安定しない

getty

背骨を意識したスイングができていないと、軸を上手く取ることができず、スイング軌道は安定しません。

背骨をうまく意識することができないと右足から左足へとスムーズに体重移動することができなくなります。

前傾姿勢をキープし、背骨を意識したスイングを心がけるのが安定したスイングのコツです。

また、飛ばそうとする意識が強すぎると、ヘッドをボールに当てに行こうとしてしまい、スイングの軸がブレてしまいます。

そうなるとスイング軌道も不安定になってしまうので注意が必要です。

3.背骨の角度を意識してスイングする

3.背骨の角度を意識してスイングする

getty

背骨を軸として安定したスイングをするには、背骨の角度を気にする必要があります。アドレス時の背骨のラインをキープすることがポイントです。

スイングの軸となる背骨は体の後ろ側にあるため、トップからフィニッシュにかけては体の厚み分左右に動きます。

後頭部を軸から動かさないように意識しながらスイングをすることが、正しいスイングのコツです。

背骨の角度を意識しながらスイングするとスイング軌道は安定し、ミスの軽減や飛距離アップに繋がります。

4.背骨軸のスイングを身に付ける練習方法

4.背骨軸のスイングを身に付ける練習方法

getty

安定したスイングの感覚を養うためには、クラブを横振りする練習が効果的です。用意するものはクラブ1本のみでOK。

(1)背骨が地面と垂直になるように直立します。
(2)クラブを地面と水平に構えてアドレスを取ります。
(3)そのまま、クラブを横振りします。ボールが膝の高さにあると想定してスイングを繰り返します。

骨盤を前傾させ、平坦なスイングプレーンが描けるようにするのがポイントです。

背中が丸まった状態でアドレスしてしまうと、背骨が軸ではなくなってしまうためNGです。

いかがでしたか。安定したスイングのコツは、背中を軸と意識しながらスイングすることです。

ミスの撲滅や飛距離のレベルアップを図るためにも、ぜひコツを学んで理想的なスイングを手に入れてくださいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー