コツは背骨にあった!軸を意識して安定したスイングを手にいれろ

getty

ゴルフスイング

コツは背骨にあった!軸を意識して安定したスイングを手にいれろ

kuisinbo

ゴルフでコンスタントに良いスコアをマークするためには、スイングをしっかりと安定させることが必要です。

ミスへの不安がなくなれば、難しい場面でも、もっともっとアグレッシブなゴルフができるはず!

この記事では、スイングが安定するための大事なエッセンス、スイングの際の「軸」について、コツをまとめてみました。

ゴルフでコンスタントに良いスコアをマークするためには、スイングをしっかりと安定させることが必要です。

ミスへの不安がなくなれば、難しい場面でも、もっともっとアグレッシブなゴルフができるはず!

この記事では、スイングが安定するための大事なエッセンス、スイングの際の「軸」について、コツをまとめてみました。

1.背骨を意識することが安定したスイングのコツ

ゴルフのスイングというのは、背骨を1本の軸とした回転運動です。

しかし背骨だけを意識してしまうと、腰が丸まったスイングになりがちです。

そこで、背骨だけを意識するのではなく、骨盤ごと前傾させ、尾てい骨から背骨、首の付根までを1本の軸としてイメージし、その軸を中心とした回転運動を意識することが、安定したスイングのコツです。

そして、その軸をスイング中キープする事で、スイングプレーン(スイング中の理想的なクラブの軌道)をなぞるようにクラブを動かすことができます。

2.胸側軸ではスイングは安定しない

2.胸側軸ではスイングは安定しない

getty

上述した軸を意識したスイングができていないと、スムーズな回転をすることができず、スイング軌道は安定しません。

そして、軸をうまく意識することができないと、アドレスから右足、右足から左足へという体重移動もスムーズに行うことができなくなります。

前傾姿勢をキープし、軸を意識したスイングを心がけるのが安定したスイングのコツです。

また、飛ばそうとして力んだりすると、伸び上がったり縮こまったり、後傾したり前傾したりと、軸がブレてしまいます。

そうなると、スイング軌道も不安定になってしまうので注意が必要です。

3.背骨の角度を意識してスイングする

3.背骨の角度を意識してスイングする

getty

安定したスイングをするには、アドレス時の軸をキープすることがポイントです。

軸をキープすることで、過度な体重移動、前後左右のぶれ、オーバースイングなど、多くのスイングの問題点が改善され、スイング軌道は安定し、ミスショットの軽減や飛距離アップに繋がります。

最初のうちは、こんな動きでいいのかなと、疑心暗鬼になるかもしれませんが、そういう時はビデオカメラや携帯電話のカメラを使って、動画を撮ってチェックしてみましょう。

余計な動きもなくなり、シンプルな良いスイングに近づいている事が実感できるでしょう。

4.背骨軸のスイングを身に付ける練習方法

安定したスイングの感覚を養うためには、クラブを横振りする練習が効果的です。用意するものはクラブ1本のみでOK。

(1)背骨が地面と垂直になるように直立します。
(2)クラブを地面と水平に構えてアドレスを取ります。
(3)そのまま、クラブを横振りします。
(4)トップの位置でもクラブは地面と水平になるようにします。
(5)それができるようになったら、骨盤を前傾させ、直立時と同じようにスイングします。骨盤を前傾させた分、軸が斜めになり、その分スイングプレーンも斜めになります。

背中が丸まった状態でアドレスしてしまうと、背骨が軸ではなくなってしまうためNGです。


いかがでしたか。

安定したスイングのコツは、尾てい骨から背中、そして首の付け根までを1本の軸と意識しながらスイングすることです。

ミスの撲滅や飛距離のレベルアップを図るためにも、ぜひコツを学んで理想的なスイングを手に入れてくださいね。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

コツは背骨にあった!軸を意識して安定したスイングを手にいれろ

メニュー