ゴルフスイング

わざと曲げる!インテンショナルフックの簡単な打ち方

Fagio

インテンショナルフックとは、ボールを意図的にフックさせる(右から左方向に曲げる)打ち方になります。

同じインテンショナルなショットであるインテンショナルスライスと比べ、思うように打つことが難しい技の一つになります。

それでもインテンショナルフックを使えるようになると、プレーの幅が増えますので、できれば覚えておきたい。

そんな人のためにインテンショナルフックの打ち方を紹介します。

インテンショナルフックとは、ボールを意図的にフックさせる(右から左方向に曲げる)打ち方になります。

同じインテンショナルなショットであるインテンショナルスライスと比べ、思うように打つことが難しい技の一つになります。

それでもインテンショナルフックを使えるようになると、プレーの幅が増えますので、できれば覚えておきたい。

そんな人のためにインテンショナルフックの打ち方を紹介します。

インテンショナルフックの打ち方はなぜ難しいのか

インテンショナルフックの打ち方が難しい理由。

それはほとんどの人が普通に打つとスライスになるためです。

個人差はありますが、ゴルファーの多くはスライスで悩みますので、インテンショナルスライスの球筋は頭にしっかり残っています。

ところがそのような人がフックを狙って打とうとしても、なかなか頭のなかでスイングや弾道のイメージを作ることができずに「どう打っていいかわからない」状態になるわけです。

打ち方が難しいのではなく、イメージができていないだけという場合が多いのも事実です。

インテンショナルフックの打ち方

インテンショナルフックを打つためには、右足を少し下げて、ボールは通常の位置にセットします。

基本的にはこれだけです。この状態でいつも通りのスイングを行うことができれば、ボールは自然とフックして飛んでいきます。

ショットするときのフェースはしっかりと打ち出したい方向に向けてください。

スタンス(スイング方向)は、打ち出したい方向よりもオープンになります。

つまり、フェース向きは目標方向よりもオープンだけど、スイング方向は目標方向よりもクローズという状態を作るのです。

具体的にいうと、たとえば、フェースを目標方向に対して2度オープンにして、スイング方向が4度オープンになれば、フェースはスイング方向に対して2度クローズになるのでフックがかかる、というわけです。

インテンショナルフックは打ち出す勇気が必要

インテンショナルフックの打ち方は理解していても、意図的に自分から離れていく方向にボールを打つにはちょっとだけ勇気が必要です。

そのままボールが戻ってこなかったらどうしよう。そんな気持ちがスイングに迷いを生みます。

その結果、体が少し左側を向いてしまうのです。

すると、スイング方向がアウトサイドインになってしまうので、フックさせたいのに逆にスライスがかかってしまうのです。

インテンショナルフックを打つときに大事なことは技術よりもハート、思い切りです。

インテンショナルフックのクラブ選び

フックボールを意図的に打とうとすると、どうしてもフェースを閉じる方向で使います。

つまり、ロフトが立ってしまうのです。

そのため打ち出されたボールは低い軌道になってしまいますから、障害物を越えられなかったり、思った以上に飛距離が伸びてしまうことがあります。

そうならないためにも、インテンショナルフックを打つときは、クラブの番手をいつもより1~2番手飛ばないクラブにしてみてください。

もちろん練習で距離感をつかむことも大切です。

インテンショナルフックは、技術的にもメンタル的にも高いレベルが要求される技術です。

まずは、練習時に遊び感覚で打ち方を試してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑

次の記事

わざと曲げる!インテンショナルフックの簡単な打ち方

メニュー