グリーンの真上から落とすハイボールショットを身につけよう!

getty

スイング

グリーンの真上から落とすハイボールショットを身につけよう!

iyori

プロの試合を見ているとアイアンでハイボールを打ち、グリーンの上でピタッと止めるというシーンをよく目にします。

これを真似したいと思うのですが、なかなかハイボールが打てなくて苦労することも。

そこでここではハイボールの打ち方を紹介します。プロのようになれるかは練習次第なので、しっかり学んでくださいね!

プロの試合を見ているとアイアンでハイボールを打ち、グリーンの上でピタッと止めるというシーンをよく目にします。

これを真似したいと思うのですが、なかなかハイボールが打てなくて苦労することも。

そこでここではハイボールの打ち方を紹介します。プロのようになれるかは練習次第なので、しっかり学んでくださいね!

いつもよりクラブを長く握ろう!

いつもよりクラブを長く握ろう!

getty

まずクラブを握るときから、ハイボールの打ち方は始まっています。アイアンをいつもより長めにするようにグリップする位置を高くします。

そうすることでヘッドスピードが早くなる効果があります。それと同時にバックスピンがかかる量が増えるため、自然とボールが高く上がっていくのです。

簡単に思えますが長く持つといつもと構える位置が変わってくるため、同じ感覚では打つことができません。

しっかり練習しておかないとフェースの芯でとらえることは難しいでしょう。

ボールの位置をいつもより左足よりにセットしよう!

ボールの位置をいつもより左足よりにセットしよう!

続いてハイボールの打ち方として、ボールの位置を意識しなければなりません。

それはいつもよりボールの位置を、ボール1個分くらい左にセットするということです。

これは先ほどクラブを長めにしたことが関係してきますが、ボールを左にするとそれだけひっかけてしまうリスクも増えることを理解しておきましょう。

アイアンのスイングは緩やかなダウンブローが普通ですが、ハイボールを打つ時はさらに緩やかにする必要があります。

真横からボールをとらえるイメージでもいいぐらいでしょう。

体重をいつもより右側重心にする!

体重をいつもより右側重心にする!

getty

次に、ハイボールの打ち方として大切なのは、重心の位置です。

より高い球を打ちたいと思ったら、アドレスの時に右足に体重を多くかけるようにします。

そうすることで全体的に体が右に傾くことになります。
正しいスイングからはもちろん外れますが、右側に傾くことで自然とボールをすくい上げるように当たります。

そうすることでハイボールが生まれるのです。

しかしながらアイアンのフェースの芯をとらえられないと、これも無駄になってしまうため、練習でしっかり感覚をつかんでおかなければなりません。

フィニッシュを高めにとっていく!

フィニッシュを高めにとっていく!

getty

アイアンでのハイボールの打ち方として、最後はフィニッシュ時の意識が挙げられます。

インパクトの後のフォロースローをいつもより高く取るイメージが非常に大切です。

そうすることでよりボールを持ち上げるように打ち抜くことができます。

打った後に意識するのではなく、打つ前からフォロースローをしっかりしようと思うことが、プラスに働くのです。

以上のことを意識しながら打つと、自然とハイボールが打てるようになります。

しかしながら決してハイボールがアプローチとして正解というわけではありません。

ランニングアプローチを選択するほうが正確な場面ももちろん出てきます。

いかなる場面にも対応できるように、武器の一つとして身につけておくことが最適でしょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー