【上達法】パターのフェースローテーションについて考えてみよう

getty

スイング

【上達法】パターのフェースローテーションについて考えてみよう

Fagio

フェースローテーションという言葉をご存知でしょうか?

ゴルフにおいてフェースローテーションは非常に重要となってきます。

フックやスライスに悩んでいる人も一度はこのフェースローテーションについて考えてもらいたいものです。

ドライバーやアイアンでも大切なフェースローテーションですが、ここではパターのフェースローテーションについて考えてみましょう!

フェースローテーションという言葉をご存知でしょうか?

ゴルフにおいてフェースローテーションは非常に重要となってきます。

フックやスライスに悩んでいる人も一度はこのフェースローテーションについて考えてもらいたいものです。

ドライバーやアイアンでも大切なフェースローテーションですが、ここではパターのフェースローテーションについて考えてみましょう!

フェースローテーションという意味を知っておこう!

上達のコツとして、フェースローテーションという言葉を耳にすることがあるでしょう。

これは、フェースの開閉を意味しており、テークバックからフォローまでの一連の流れでのフェースの向きを意味しています。

通常フェースはアドレスした時にはスクエアの状態になっています(上級者の中にはあえてオープンやクローズの状態で構える人もいます)。

その後どんどん開いていきます。

ダウンスイングに入るとだんだんフェースが戻ってきて、インパクト時にはスクエアになるのが理想です。

この一連の流れがしっかりできていると正しい軌道のボールを打つことができるのです。

では、ここではパターについて考えてみましょう。

パターの選び方はフェースローテーションが大事!

パターを選ぶときにどのような理由で選んでいますでしょうか?

デザインや重さ、シャフトの長さと、いろいろ理由はあるでしょう。

しかしながら一番大切にして欲しいのがストローク中のフェースローテーションの大きさなのです。

実は同じように構えて同じようにパッテイングしているように思えて、このフェースローテーションの大きさは人によってかなり異なってきます。

このパターンが3パターンに分けられるのです。自分のパターンがどれに当てはまるのか知ることでパター選びが大きく変わってきます。

ストレートタイプの人はこのパターを!

パターをアドレスしてからフォローまでの間のフェースローテーションは、まず2パターンに分けられます。

それがストレートタイプとアークタイプです。

ストレートタイプはその名の通り、アドレスからまっすぐ引いて、まっすぐ戻ってくるタイプ。

みなさんパターではこのイメージで打っているかと思いますが、実際にはそうなっていないことがほとんどです。

このストレートタイプというのはゴルファーの2割程度だと言われています。

しっかりまっすぐ戻ってくるストレートタイプでは、フェースのバランスが一定のパターを選ぶのが正解となります。

多くの人がアークタイプ! 選ぶパターはこれ!

ストレートタイプが多いと思われがちのパターですが、実際にはアークタイプがほとんどとなります。

アークタイプとは、フェースローテーションがイン・トゥ・インとなっているタイプです。

この中でもセミアークとアークタイプに分けられ、イン・トゥ・インの度合いの違いで分けられます。

まっすぐのイメージでも実際にはフェースが開きながらとなっていることがほとんどなのです。

セミアークのタイプの人ならヒールトウバランス(ミッドバランス)のパターと、アークタイプの方ならトウバランスのパターを選ぶと上達の近道となるでしょう。

パターといえどもゴルフにおいては非常に大事な一打となってきます。

自分のパターンを知るためにもフェースローテーションについてしっかり考えてみましょう。自分に合ったパターを選んでより快適にゴルフを楽しみましょう。

↑↑ 参考になったら押してみよう! ↑↑
※コメントはログイン後に書き込めるようになります。
メニュー