ピッチショット成功の鍵は右ひざを送りこまないこと

getty

ピッチショット成功の鍵は右ひざを送りこまないこと

お気に入り

アプローチショットの中でも、高度なテクニックを要するのがピッチショットです。

他のアイアンショットのように鋭角的にV字に打ち込むのではなく、縦長のU字型の軌道をイメージし、手首を柔らかく使い、クラブヘッドを高い位置から高い位置へとアップライトに振るのがポイントです。

すると、ボールはフワリと上がり、ピタッと止まります。しかし、アマチュアがこれをやろうとすると得てして低いボールが出てしまいますね。

通常のショットより、ゆったりしたリズムでスイングする

通常のショットより、ゆったりしたリズムでスイングする

getty

ピッチショットが要求されるのは、バンカーや池、あるいは深いラフ越えで、ピンが近くに立っているという厳しい状況がほとんどです。

「早く結果が見たい」、「早くこの場から脱出したい」という気持ちから、スイングが速くなりがちです。

通常のショット以上に、ゆったりとしたリズムからしか、フワリとした高い球筋は生まれません。

そのようなメンタル的な原因も大きいのですが、ピッチショットを失敗する最大の理由は、右ひざの余分な動きにあります。

右ひざを送り込むと、低い球筋になる

右ひざを送り込むと、低い球筋になる

getty

本来、ピッチショットは体の捻転やフットワークは使わずに、自分のグリップを中心として、コックを柔らかく使って打つショットです。

つまり、体に仕事をさせるのではなく、手首を柔らかくすることでクラブに仕事をさせるショットといえます。

そうなると、下半身の余分な動きは、ピッチショットには邪魔になるのです。

特に、右ひざを押し込んでいく動きを加えると、ロフトが立ったり、クラブフェースが返ったりして、低いボールが出るようになってしまいます。

右足の裏を地面につけたままスイングする

右足の裏を地面につけたままスイングする

getty

ですから、ピッチショットを成功させるうえで最も大事なのは、絶対に右ひざを送り込まず、インパクトまで右ひざの位置をキープすることです。

ダウンスイングでは、右足の裏を地面につけたまま、アドレスの下半身の形を崩さずにスイングすることです。

U字型の軌道をイメージし、インパクトでボールを拾ったら、右ひざを送り込まないまま、フィニッシュに向けてクラブヘッドを高く上げていくのです。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG