伸びた腕がカッコいい!右腕はボウリングの要領で伸ばす

getty

伸びた腕がカッコいい!右腕はボウリングの要領で伸ばす

お気に入り

右腕の使い方が原因で、ミスショットが出る場合があります。

元々、右腕はテークバックでは遠くに上げていくことができますが、フォロースルーになるとなかなか前に伸びていかないものです。

右腕をいかに伸ばして使うかがポイント

右腕をいかに伸ばして使うかがポイント

getty

さらにボールを上げようとか、強く打とうとすれば、右腕は、伸びるどころか、右肘が曲がり、左ふところのほうに引けてしまうのです。

その結果、インサイドに引けて、あらゆるミスショットにつながっていくのです。

それだけ右腕の役目は、大きいといえます。縮みやすい右腕を、いかに伸ばして使うかがポイントになります。

腰のターンに合わせて、右肘を伸ばす

腰のターンに合わせて、右肘を伸ばす

getty

ダウンスイングから右腕を少しずつリリースしますが、その右肘が右ひざの上に進んできたら、右手を目標方向にグーンと伸ばしていくようにします。

腰のターンに合わせて右肘を伸ばし、右手を送り出していくのです。

そのときに、右手のひらが正面を向いた状態から右手甲が正面を向くように、内側に捻っていきます。

手のひらをそのままにしてフォロースルーで右腕を伸ばすと、左肘が引けてしまいます。

クラブを放り投げる意識を持つ

クラブを放り投げる意識を持つ

getty

こうした右腕の動かし方は、ちょうどボウリングでボールを投げる要領と似ています。右手に持ったボールを下から前に投げます。

右腕はボールの重さに引かれて前に伸びます。

ゴルフスイングでも、クラブを振るというよりも前に放り投げる意識で右腕を振るのが正解です。

ボウリングでは、ボールを正面に向けて投げますが、ゴルフでは横に振るだけのことで、動きの基本は変わりはないのです。

クラブを目標方向に放り投げる感覚で、右腕を伸ばしていくことです。

お気に入り
Nick Jagger

元某ゴルフ雑誌編集長。ゴルフ取材歴30年以上。現在フリーランスのライターとして、単行本、ゴルフコミックの原作など多数執筆中。

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップA