この樹何の樹ホールと命名!!<樹木が邪魔なミドルホールの攻略>

getty

ゴルフ初心者

この樹何の樹ホールと命名!!<樹木が邪魔なミドルホールの攻略>

0

『ドライバーをナイスショット』したのに2打目が難しくなるって時ほど悲しいことはない!!

それが最近何度かありました。

コレ・・・。

ミスショットしたわけでもないのに、もう集中力切れる要因になってしまいます・・・。

どのクラブよりドライバーが得意!!

・・・となった今では、苦しい選択なので、私は『納得してドライバーを持たない訓練!!』をしています。

だって魔が差すことないですか? 「やっぱりドライバー持ちたい!!」って・・・。

樹木が効いてるミドルホール

樹木が効いてるミドルホール

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース3番ホール、同コース公式サイトより)

出た~!!

ココですココですココなんです!!

ナイスショットすると樹木が邪魔になるホール!!

真っすぐで眺めはいいけれど・・・

真っすぐで眺めはいいけれど・・・

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース3番ホール、同コース公式サイトより)

真っすぐ続くフェアウェイに、遠くに見える樹木

左側はOBだけれど右側は土手で、傾斜も強く土手に当たれば8割がた落ちてくるという右狙いの、“眺め”はいいけど真っすぐ“長め”のミドルホール(パー4)!!

1打目はドライバーで決めていけばいい!!

とタカをくくっているとまんまとやられます。

左には210ヤードから240ヤードの地点にフェアウェイバンカー。

※これに入ることも多い

そして、何よりその先には・・・。

そびえたつ樹木!!

そびえたつ樹木!!

(画像は相模野カントリー倶楽部愛川コース3番ホール、同コース公式サイトより)

グリーンを阻む樹木の存在!!

そして、枝ぶりを回避して転がすことのできないように配置されたグリーン前のバンカー!!

何ていやらしいんでしょう?! 本当に・・・。

ここ『相模野カントリー俱楽部』の設計者は・・・丸毛信勝先生。

関東圏では立川国際CC、武蔵野GCも丸毛先生の作品です。

※丸毛信勝:蝶研究の権威と言われるほどの昆虫学者・農学博士で、芝生の研究を契機に、ゴルフ場の設計、施工まで手掛けることになった異色のコース設計家。

倉財閥創業者でもある大倉喜八郎の依頼を受け、今では名門で知られる川奈ホテルゴルフコースの施工にも参加している。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

この樹何の樹ホールと命名!!<樹木が邪魔なミドルホールの攻略>

カートに追加されました。


×