寒い冬にこそ最適♪インドア練習場の魅力とは?

getty

ゴルフコース・練習場

寒い冬にこそ最適♪インドア練習場の魅力とは?

0

こんにちは♪

12月に入り、いよいよ寒さも本格的になってきましたね。

雪の降る地域ではゴルフ場のクローズがあり、また練習しようにも寒くて気が乗らないなど、ゴルファーにとっては一年のうち最もつらい時期です。

しかし、そんな冬こそ「インドア練習場」を活用すれば、練習環境は抜群の上、春に向けた実力アップに大きく貢献しますよ!

室内なので寒くない!

冬になると、屋根のある練習場と言えども屋外には変わりなく、冷たい北風にさらされます。

厚着をする必要もあり、寒さが苦手な方は、「練習したいけど、行くのも億劫だなあ」と思うことでしょう。

また、このような寒さの中の練習では、十分な準備運動で体を温めてからでないと、腰痛などの大きなケガの原因にもなってしまいます。

その点インドア練習場は、屋内であり暖房設備も整っているので厚着の必要がなく、いつもの動きやすい服装で気持ちよくスイングをすることができます。

打球方向や距離を気にしないので、スイング作りに最適

普通の打ちっ放しの練習場では、飛球線方向にグリーンやヤーデージを示す表示板などの「目標」が多くあります。

もちろんそれらに正確に打つという練習がとても大切なのですが、「ちゃんと飛んだかな?」「距離は出てるかな?」と、ついついボールの飛んだ結果ばかりに気を取られてしまいます。

これはヘッドアップの原因にもつながります。

インドア練習場では、ほとんどの施設が「鳥カゴ」と呼ばれる、人ひとりがスイングできるくらいの広さのネットに囲われたスペースで打つため、打球方向や飛距離が気にならす、自分のスイングに集中することができます。

春に向けてきれいなスイングを作りたいと考えている方は、ぜひともインドア練習場でレッスンを受けることをおススメします!

スイング映像やデータを活用しているところも多い

充実した施設になると、打球方向や飛距離が仮想ボールで見えるシミュレーション装置やスイングスピードなどを表示するデータ表示器、スイングの映像が見えるカメラなどが完備されています。

これらを活用することで、感覚に左右されることなく視覚的にスイングやボールの軌道をとらえることができます。

視覚的に表示された映像やデータにより自分のスイングのエラーが丸裸になり、遠回りすることなくスイングを修正することができます。

インドア練習場を探す際には、こういった設備が充実しているかをチェックしてみるのも手です。

会社帰りにも、手ぶらで気軽に練習ができるから便利♪

インドア練習場がもしあなたの通勤途中の駅前や街中にあれば、会社帰りに「ちょっと打ちたいな」と思えば、手ぶらで気軽に寄ることができてしまうのもインドア練習場の大きな魅力の一つ。

シューズやクラブなど、必要なものはほとんどの施設で貸し出しされています。

実力アップに、ストレス解消に、また時間潰しに。

大いにインドア練習場を活用して、寒い冬のゴルフを楽しみましょう♪

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

寒い冬にこそ最適♪インドア練習場の魅力とは?

カートに追加されました。


×