飛距離アップにはヘッドスピードよりもミート率が大事?

getty

ゴルフ初心者

飛距離アップにはヘッドスピードよりもミート率が大事?

0

最近では、チカラでねじ伏せるより確実に仕留めていく攻撃パターンに変えています。

やはりミート率がかなり重要な気がします。

きちんととらえる

きちんととらえる

ゴルフって本当に難しい、とつくづく思わされる1ヶ月を過ごしております。練習に無駄な時間はないと信じてやりたいです。

どうも奏son輝です。

マン振りしなくても芯に当たればなかなか飛ぶなと、最近思い始めてます。完璧な芯ではなくても芯の近辺でボールをとらえる。

非常に重要なポイントです。飛距離の問題だけではなくて、ショットの安定性にも大切なポイントです。

ミート率が高ければ安定してボールを運べます。そして飛距離が出ます。気持ちも上がっていきます。

ミート率が悪ければ飛距離が伸びないし、ヘッドスピードの割に体ばかりが疲れます。スタミナにも悪いです。

芯に当てることができないからゴルフは難しいんです。芯に当たればスコアがよくなるわけではありませんが大切なことです。

芯でとらえれば距離が出るし方向性も出る

芯でとらえれば距離が出るし方向性も出る

ミート率とは、「ボールの初速」割ることの「ヘッドスピード」で計算できます。最大値が約1.56と言われてますからそこを目指したいです。

先ほどからいろいろインパクト言うてますが、要するにクラブフェースの芯でとらえられているかなんです。

ヘッドスピードがあるのに思うように飛距離が伸びないのは、ミート率のせいです。

女子プロよりもヘッドスピードが速いのに飛距離で負けるのは、単純にこのミート率の違いです。

飛距離を伸ばすのであれば、ヘッドスピードを上げるよりもミート率を上げるほうが効率的です。

飛距離の秘密と言われればヘッドスピードや腕の力など高めることも方法ですが、上級者達と話すとだいたいミート率に行き当たります。

まずミート率。そしてインパクトやスピン量、順番をきちんと考えていきましょう。

結果が出るまで時間はかかりますが

結果が出るまで時間はかかりますが

ボールの初速とは、ボールが打ち出された瞬間の速度です。当たった瞬間の速度です。

打ち出した瞬間の速度とヘッドスピードが相乗効果になり飛距離を生みます。

打ち出した瞬間の速度を上げるにはどうしたらいいでしょうか? やはり芯に当てることだと思います。

初速を上げるには、まずは芯でとらえることです。それに打ち出し角およそ15度前後で飛んでくれたら最高です。

最近ではクラブも進化しています。いろいろなゴルフショップで計測してあなたに合ったクラブを選びましょう。

断然球筋はよくなります。

自分がドローかフェードのどちらのタイプなのか、シャフトは何がオススメなのか知っておくのも大事だと思います。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、ミート率にこだわってみました。

飛距離を捨てたわけではありません。その延長に飛距離があります。

コツコツと自分を創り上げてみませんか?

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

飛距離アップにはヘッドスピードよりもミート率が大事?

カートに追加されました。


×