腰痛&体に負担をかけたくないゴルファー必見!久保谷健一プロに学ぶエコスイング♪
ゴルフスイング

腰痛&体に負担をかけたくないゴルファー必見!久保谷健一プロに学ぶエコスイング♪

0

Golf Dojo KATOU パーシモン加藤です。

今年は何かと腰痛ゴルファーとして話題を呼んでいる!?久保谷健一プロ(^_^;)

アマチュアゴルファーでも、腰痛に悩む方は多いかと(T . T)

身体に負担がかからず、ゴルファーとして長生きしなおかつ、飛ばしたい…。

そんな方は、久保谷健一プロのスイングを参考にしましょ!

腰痛ベルトを巻きながら戦う久保谷健一プロ!

腰痛に悩みながらも、戦い続ける久保谷健一プロ!

しかも、腰痛ベルトを巻きながらラウンドして280ヤード飛んでるとか(°_°)

その秘訣は?

千葉県で開催されたブリヂストンオープンに我がDojo門下生が観戦に行き、動画撮影ができる練習場で動画を撮影してきてもらいました(≧∇≦)

久保谷健一プロのスイング、一言で言うと、力感が変わらない!

まるで素振りのように打っています! 打ちにいく動作が一つもない。

力が入る動作が起こると、身体は伸びたり縮んだりします。

これが、身体に負担がかかるのです…。

どこか身体に痛いところがある時にこの動作をしてしまうと、激痛が走り振れなくなります(T . T)

久保谷プロのスイングは、腰痛でも戦わなければいけないという状況から作り出された、身体に負担をかけないナチュラルスイングと言えるでしょう!!

このフィニッシュが理想形

このフィニッシュが理想形

この立ち姿…惚れ惚れするな〜。

どこも強張っていない自然体。

これが、腰痛ベルトを巻きながら280ヤード飛ばせる秘訣だと私は思いますよ(^_−)

スロー動画も♪

スイングの力感は、スローより通常の動画のほうがよく分かります。

しかし久保谷健一プロの場合、スローで見るとより力んでいないことがよく分かります!

形を真似してはダメですよ!!

この形、スイングは脱力した結果ですから。

形を作ろうとすると、力が入り強張ります(~_~;)

ダラ〜んと構えて、ぶら〜んぶら〜んと振ればいいのです(^_−)−☆

頑張って振らなければ、クラブヘッドが頑張ってくれます!

はぁ〜? と思うかと思いますが、頑張って振らなければ意味が分かる日が来ます!

身体に負担のかからないナチュラルスイングを身につけて、ゴルファーとして長生きしましょうね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

腰痛&体に負担をかけたくないゴルファー必見!久保谷健一プロに学ぶエコスイング♪

カートに追加されました。


×