本当に飛ぶ!?“飛距離モンスター”JGRボールをアマ3人がラウンドで検証!!【PR】

本当に飛ぶ!?“飛距離モンスター”JGRボールをアマ3人がラウンドで検証!!【PR】

0

ごきげんよう、Gridge編集部のヒッティです。

今も昔も、飛ばしはゴルファーのロマンですよね。

Gridge内でも、マン振りや飛距離アップに関する記事は閲覧数が多く、世のゴルファーの関心の高さが伺えます。

だからゴルフギアにも「飛ぶ」というキャッチコピーをよく目にします。

ブリヂストンから発売中のボール、【TOUR B JGR(ツアービー・ジェイジーアール)】ももちろん例外ではありません。

なんせキャッチコピーは「飛距離モンスター」。

ある情報筋によると、2018年3月の発売後、すでに20万ダース以上出荷されているらしい…!

でも、みんな「飛ぶ」って言うけど、本当に飛ぶんですか〜?

ということで、アマチュア男女にJGRボールを試してもらい、噂は本当なのか検証してきました。

3人のラウンドの様子を動画で見てください!

今回集まってくれたのは、SNSで多くのフォロワーを持つこちらの3人。

登場シーン左から、

カズ(@rickie.kazu.fowler)さん
にゃん(@miiiii0228)さん
タケちゃん(@taketokawakami)さんです。

3人とも、いつもより距離が伸びているのを実感されたようです!

JGRでかっ飛ばした「映え」る写真や動画もたくさん撮れたようです♪

そして疑り深いGridgeスタッフも最後に打ってみましたが…?

JGRがドライバーでもアイアンでも飛ぶ理由とは?

JGRがドライバーでもアイアンでも飛ぶ理由とは?

(画像はブリヂストンスポーツ公式サイトより引用)

JGRは、飛距離追求型の3ピース構造。

特許技術の「ブーストパワーテクノロジー」は、ボールの硬さが全体で「内軟外硬」、つまり外から内側に向かって軟らかくなっているのです。

そのため、バネのように効率的にしっかりつぶれて、しっかり弾くので飛距離が出るのです!

ディンプルにも工夫が

ディンプルにも工夫が

ボールの表面をよ〜く見ると、ディンプルの形がまん丸ではないことがわかります。

これは、「デルタウィング・ディンプル326」といって、648個のウィング形状がディンプルの輪郭を形成しているため。

各メーカーは飛び・スピン・打感などさまざまな要素をボールの特性に合わせてベストにするため、ディンプルの数や形状をテストし、日夜研究しています。

ブリヂストンのボールに採用されているこのウィングは、ディンプルの表面占有率を向上させることで、吹け上がりを防ぎ、落ち際まで強い弾道を実現するのです。

カラーバリエーションも豊富!

カラーバリエーションも豊富!

JGRのカラーバリエーションは、ホワイト、パールホワイト、イエロー、オレンジと、光沢のある白地にサーモンピンクのロゴが入ったパールピンクの5種類がラインアップ。

サーモンピンクはラブリー過ぎず、赤に近い濃いピンクなので、男性にもオススメです!

同組のプレーヤー全員がJGRボールを使っていても、誤球の心配はありませんね!?(笑)

あなたもぜひ、お気に入りのカラーで、驚きの飛びと弾く打感を実感してください!

TOUR B JGRボール 1ダース(12個入り)

post_img
post_img
5,832円(税込)
カラー
数量

* ログインすると1タップで購入できるようになります。

その他:パールホワイト

税別5,000円以上ご購入で全国どこでも送料無料!
↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

本当に飛ぶ!?“飛距離モンスター”JGRボールをアマ3人がラウンドで検証!!【PR】

カートに追加されました。


×