アプローチを強めにオーバーさせれば返しのラインが見えますよ!

getty

ゴルフ初心者

アプローチを強めにオーバーさせれば返しのラインが見えますよ!

0

ティーショットはもちろん、パターに悩む方も多いと思います。

でも大切なのは、その前のアプローチではないでしょうか?

真相はいかに。

強めに挑め、果敢に挑め

強めに挑め、果敢に挑め

いやぁ〜フェースブックに掲載されるのとされないのとではアクセス数10倍くらい違いますね。

もっと頑張ってみんなに読んでもらわないといけないな。どうも奏son輝です。

パターを強気に打つ人を「強気いさお」、弱気に打つ人を「弱気いさお」なんてフザケあってるわけですが、自分の信念は「強気いさお」です。

ゴルフは手前から手前からなんてよく聞かされますが、パターにおいては強めに攻めていきたい。

弱気にショートして後悔したくないです。ラウンドにおいて唯一(?)丁寧に攻めていけるチャンス。

生かすも殺すもあなた次第ですよ。

大事なのはアプローチ

本当の話をするならば、一番気を付けているのはパター前のアプローチなんです。ここが一番の強気で行ってほしいです。

あまりに先が下りで絶対手前という状況は別にして、少しオーバーくらいで入ればラッキーぐらいの気持ちで直接ピンを狙います。

ここでの狙いは、打つ強さでも球の浮かせ角度でもなく打った後のピンを越えた後の球の行く末です。

自慢になりますが、スコアは別にして自分は平均パット数が1.56となかなか良い数字を叩き出しています。

もちろんアプローチまで打数叩く時もありますが、パターには自信というか自分なりのルールがあります。

ラインは手前から? 後ろから?

アプローチ時において入るか入らないかを重要視する人もいますが、チップインなんて滅多にありません。

強めにアプローチしてピンを越えた後のラインをしっかりと見て目に焼き付けるのです。

そうしたら返しのパターも楽に打てるはずです。

アプローチが常識の範囲の強さで収まっているのであれば2パットで収まります。

これをマスターしたらスコア管理もかなり楽に行えるはずです。

グリーンに乗れば2打で済む。それが自信にもつながるはずです。

同じ初心者ゴルファーの皆さん、少しは参考になりましたか?

100切り、90切り、いろいろ目標はありますが楽しくいきましょう。

それではまた。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

アプローチを強めにオーバーさせれば返しのラインが見えますよ!

カートに追加されました。


×