『ベタ足素振り』で今どきクラブに合った体重移動をマスターしよう!

getty

ゴルフスイング

『ベタ足素振り』で今どきクラブに合った体重移動をマスターしよう!

0

皆さんゴルフを楽しんでいますか?

こんにちは、ライターのもーりーです。

ゴルフスイングは、手打ちは厳禁で下半身リードが鉄則。

しかしダウンスイング以降でのスエーや体重移動のやり過ぎなど、間違った下半身リードでスイングが安定していない人って結構多いです。

今回は、スエー対策や今どきクラブに合った体重移動に効果的な『ベタ足素振り』をご紹介したいと思います!

いきなり『ベタ足スイング』を実践するのは難しい!

今季もアン・ソンジュや申ジエといった韓国人プレーヤーが活躍していますが、そんな韓国勢の強さの源が『ベタ足スイング』(ローリー・マキロイやリッキー・ファウラーといった世界のトッププロもベタ足に近いですね)。

右足で地面を強く踏みしめることで、地面からの反力を使ってヘッドをさらに加速させることができますし、右足を踏ん張ることで、上半身の前傾角度をキープしやすいメリットもあります。

従来より体重移動を抑えながらのスイングなので飛距離が落ちそうなものですが、むしろ今どきクラブの大きな遠心力を生かせますし、スエーなどのエネルギーロスも出にくいですから、飛んで曲がらないボールを打つことができます。

というわけで、アマチュアの中にもベタ足スイングを取り入れる人が増えつつありますが、いきなり実際のスイングに取り入れるのはかなり難しいと思います。

なかにはベタ足にとらわれすぎて右足体重のままのスイングとなり、スイング自体を崩してしまっている人もいるのではないでしょうか。

『ベタ足素振り』からはじめよう!

私がベタ足スイングのステップとしてオススメしたいのが『ベタ足素振り』です。

ショットの前に素振りをするときに、右足のかかとが地面から離れないようにスイングします(マン振りすると腰を痛めますので、5~7割くらいの力でゆっくり振ってください)。

まずスイングしてもらったらわかると思いますが、右足のかかとを地面から離さないままフォローまでもっていくには、前傾姿勢を維持することが、必要です。

そしてベタ足のままフォローまで到達するくらいではじめて右足のベタ足を解除して、いつものように足裏をターゲットと反対に向けてフィニッシュの体制を作ってください。

ベタ足スイングといっても、体重移動が抑え気味になるだけであり、最終的には左足に体重が乗り切ったフィニッシュになります。

ですから、この最後の足の裏をターゲットと反対に向ける動きまでをしっかり行いましょう!

『あごの位置』にも気をつけて!

この『ベタ足素振りを』を2~3回繰り返してから、ボールを打ってみてください。

ベタ足スイングとまではいかなくても、今までより右足の踏ん張りや前傾姿勢がキープされたスイングになっているはずです。

また左腰のスライド(スエー)に対策にもなるかと思います。

今まで大きな体重移動をしていた人には物足りない動きかもしれませんが、これが今どきクラブに合った体重移動なのです。

あとはベタ足素振りで気をつけてほしいのが『あごの位置』。

体重移動の動きが少ないぶん、上半身が突っこみやすくなりますから、スイング中にあごの位置が最後まで右足股関節上でキープされるように意識してください(ビハインド・ザ・ボール)。

“継続は力なり”。

まずは『ベタ足素振り』を繰り返すことで、右足が浮かない今どきクラブに合った体重移動をマスターしていってくださいね!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

『ベタ足素振り』で今どきクラブに合った体重移動をマスターしよう!

カートに追加されました。


×