“全ホールボギー狙い”が100切りへの近道!

お気に入り
ラウンドして最初に達成したいのは、やはりスコア100切りですかね。

99と100では見た目も違うし手応えも違うはずです。

この辺のスコア管理、どうやって行っていますか。

パーは狙わずボギーで良い

パーは狙わずボギーで良い
偉そうに書いてますがシャンクに悩まされております。アイアンをすべて捨てユーティリティーを買い揃えようと準備しています。

どうも奏son輝です。

どうして上級者の方はスコアが乱れないのか考えたことはありますか。

スコアが80前後でラウンドする人は90台になかなか落ちません。

それと違って100前後の人はたまに80台のスコア出ることもあれば110以上打ってしまうこともある。

完全に自分の周りの話ですがどうですか。

ベストスコアを目指してベストをを尽くしていく。

これは上級者初心者も同じことなのですが、なぜスコアの変動が激しいのか解明してみましょう。

そこに100切りのヒントが隠れているかもしれません。

周囲のアドバイスに耳を傾けてみよう

周囲のアドバイスに耳を傾けてみよう
自分の周りの100超えゴルファーは、自分を信じ過ぎています。

良く言えばブレない。悪く言えば言うことを聞かない。

自分は調子が悪くても良くてもすべてボギーを取りにいきます。あまりパーは狙いません。

スコアの組み立てはマネジメントです。

大叩きする人は無理してパーを狙いにいきます。100を切れない人がパーが取れないのに大きなクラブで狙いにいきます。

単純に計算したらすべてのホールがボギーで90回です。パーを取りにいくマネジメントではミスの連発につながってしまうのです。

上級者はすべてボギーで良しとしてボギーを取りにいきます。

セカンドショットもマン振りはしません。3打目が確実にグリーンに乗せられる場所に打ち、何個かパーが拾えればラッキーぐらいでラウンドしましょう。

ボギーをパーと想定していけば、上手くマネジメントでき、スコアを作っていけるはずです。

すべてボギーで組み立てることによって何ホールかボギーで収まらなかったとしても、90台で上がれる可能性はグッと上がることでしょう。

あとは3パットをしないこと!!

あとは3パットをしないこと!!
ベント・高麗と様々なグリーンが存在します。

グリーンによって傾斜がフックなのかスライスなのかまったくわからない時があります。

そういった時は傾斜を優先させ強弱だけを気にしていきましょう。

ボールの勢いがなくなった時が最も傾斜の影響を受けることを覚えておきましょう。

たとえば、ラインの手前半分がフックで先の半分がスライスの場合、カップ側の傾斜を考慮してややスライスラインと読んでいきます。

この2つを守って3パットを撲滅していきましょう。

いろいろと書いていきましたが、すべての同じ初心者ゴルファーが100切りできますようにと思います。

皆さん切磋琢磨していきましょう。

それではまた。
お気に入り

TOPページへ >

TOPページへ >