パー5を攻略するために練習場選びから考えた結果の人生初イーグル?
ライフスタイル

パー5を攻略するために練習場選びから考えた結果の人生初イーグル?

0

バースデーラウンドにて人生初のイーグル達成! 日頃からロング(パー5)を想定した練習が功を奏したみたいです。

距離長めだから狙うしかない

39歳の誕生日に神様からの贈り物をいただきました。人生初のイーグルを獲得しかなり浮かれております。

しかしながら、このイーグルも自分では少しながら努力もあったようななかったような。

日頃の打ちっ放し日頃のラウンドで何を想定し何を考えながら1球1球を打っていくのは大事だと思います。

ラウンドを想定し練習場に向かいそして本番を迎える。その事に喜びを覚える方法もゴルフを楽しんでいく術だと思います。

すべては想定内

すべては想定内

昔から言われてる言葉ですが、練習でできないことは本番ではできない。この言葉は納得します。

例えばロングホールを想定して打ちっ放しで練習するときにまず何を考えますか?

自分ならまず打ちっ放し場の選定から始めます。

できるだけ距離のある練習場を探してドライバーないしセカンド(2打目)の方向性と距離を確かめます。

距離が短い練習場が悪いわけではありませんが、100ヤード先のボールの軌道わかりますか?

ロングホールを攻略するのに固執して練習するのであれば重要な選択だと思います。

フルスイングよりインパクト

フルスイングよりインパクト

思いっきり振れば遠くに飛ぶ。もちろん自分の力を最大にクラブとボールに伝えることで飛距離が出るのは間違いないです。

しかし確率的にどうでしょうか? コンパクトに力強くスイングし確実に前に真っ直ぐなボールを打つ。

経験の浅い人はこの考えを徹底していただけると、スコアにも、イーグルにもバーディーにも必ずつながるはずです。

スコアメイクをどの辺りから考えるかいろんな意見あるとは思いますが、打ちっ放し場の選定などから考えて行くのも手段かもしれません。

いうまでもなくショートゲームを攻略したい場合は短めの打ちっ放し場を攻めてみるのもアリですね。

ではまた!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

パー5を攻略するために練習場選びから考えた結果の人生初イーグル?

カートに追加されました。


×