ゴルフボールをバックスピンで戻す方法【ボール編】

getty

ゴルフ初心者

ゴルフボールをバックスピンで戻す方法【ボール編】

0

ゴルフボールにバックスピンをかけてグリーンで戻したい。

ゴルファーなら誰でも憧れるワンシーンです。

どうやったらプロゴルファーのようにギュギュッとバックスピンをかけてボールを戻すことができるのでしょうか?

・ボール編
・クラブ編
・インパクト編

に分けて解説します。

スピン系のボールを使う

バックスピンをかけることができないという方は、まずは使用している道具から見直しましょう。

そして一番重要になるであろうものが使用しているゴルフボールです。

ゴルフボールにはスピン系とディスタンス系のボールがあるのをご存知でしょうか?

スピン系のボールはボールの表面が柔らかい素材(ウレタンのことが多い)でできており、フェースの溝に食い込んでスピンがかかりやすい仕組みになっています。

反対にディスタンス系のボールはスピン量を抑えることで飛距離が出るようになっているので、バックスピンをかけたい場合はスピン系のボールを使う必要があります。

お勧めのボール

バックスピンをかけたい場合は、スピン系のボールを使用しましょう。おすすめはこの2つ。

・タイトリスト プロV1
・ダンロップ スリクソン Zスター

この2つであればスピン系のボールとしては問題ない性能を持っています。

まとめ

「バックスピンをかけてみたい。思いっきり上から打ち込んでもなかなかスピンがかからない」という悩みをお持ちの方は、まずはボールをスピン系に変えてみましょう。

ただし、ディスタンス系のボールと比べるとスピン系のボールはやや値段が張るので、OB
や池ぽちゃの時は精神的ダメージが大きいので中止しましょう(笑)。

ちなみに同じスピン系のボールに「プロV1x(タイトリスト)」や「スリクソン ZスターXV(ダンロップ)というものがあります。

これらのボールは一般のアマチュアゴルファーが使うとややスピンが入りづらいボールなので、ヘッドスピードがそれほど速くない人はプロV1かスリクソン Zスターにしましょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ゴルフボールをバックスピンで戻す方法【ボール編】

カートに追加されました。


×