【目指せ100切り】パターの方向性を合わせる鍵はライン取り

getty

ゴルフ初心者

【目指せ100切り】パターの方向性を合わせる鍵はライン取り

0

パターの方向性が合わない。距離感は合っているのに、カップからボールがずれてしまう。

もしかするとアドレスの時のライン取りが間違っているのかもしれません。

今回はカップに向けてボールを転がせるように、パターのライン取りについて解説します。

1ラウンド何パットまでOK?

みなさんは、ラウンド中に記入するスコアカードにパット数を記録していますか?

100が切れない人にはパット数を記録していない人が多いんです・・・。

スコアを正しく記録することで、自分のゴルフの何を修正しなければいけないかが明確になるので、スコアはパット数も含めて正確に記録しましょう。

さて、100を切るにはパット数を何パット以内に抑えればいいでしょうか?

まずは40パット以下を目標にしましょう!

ゴルフは、18ホールすべてダブルボギーで108点となります。18ホールすべてボギーで90点です(パー72のコースの場合)。

ということは、全ホールボギーオン2パットであれば、90点で回ってこられるということになります。

たまに1パットで入ったり、3パットしたりしてしまうこともあるので、パット数の目標は40パットに設定しましょう。

方向性を誤る原因

アドレスの方向性=肩のラインとしますが、僕らは肩のラインを目標物に向けてアドレスを取りがちです。

パターの場合の目標物はカップですね(ストレートラインの場合)。

カップに肩のラインを向けてアドレスを取るとどうなるでしょうか?

体の正面にあるボールは、肩のラインとカップを結んだ線の前にあるため、そのまま打てばボールはカップの右側を通過することになります。

方向性を合わせる方法

方向性を合わせる方法はとても簡単! ボールから1メートル以内の場所に目標(スパット)を見つけましょう。

目標は、
・グリーン上に落ちている草
・グリーンのシミ
・修正されたディボット跡など

グリーン上で目印となる芝や汚れ、何かの跡などを見つけて仮想目標を設定しましょう!

1メートル以内に自分で仮想目標を作ってその上をボールが通るようにパッティングしましょう(アドレスはボールと1メートル以内の仮想目標を結んだラインと平行に取ります)。

この方法を使うとパットの方向性がとても安定します。

よく同伴者のマーカーがカップとのライン上に被っていて、それを目標に打ったらミドルパットやロングパットが入ったという経験はないでしょうか?

それはたまたまではないんですね。カップよりも近くに目標を設定しているおかげで方向性が安定し結果的にカップインできたということです。

より詳しい解説は以下のページを参照してください。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【目指せ100切り】パターの方向性を合わせる鍵はライン取り

カートに追加されました。


×