【確認してみよう】パッティングの基本7つのポイント

http://footwearnews.com/2017/fn-spy/athletic-outdoor/body-shaming-lpga-dress-code-394220/

ゴルフスイング

【確認してみよう】パッティングの基本7つのポイント

0

こんにちは! ライターのあやのです。

今回は読者の方からいただいたリクエストの中から、パッティングの基礎についてお話ししたいと思います。

「パッティングに型なし」と言われるように、ゴルフスイングで一番個性が出るのがパッティングスイングですが、抑えておきたいポイントが7つあります。

それでは行ってみましょう。

①まずはグリップについて

パッティングのグリップは上の画像の他にも数え切れないほど種類があります。

その中でもプロアマ含め1番メジャーなグリップ方法は【リバースオーバーラップ】と呼ばれる方法です。

上の画像の「STANDARD GRIP」にあたる握り方です。

この握り方は、名前のとおり通常のオーバーラッピングの包み込む手が逆になるように握る方法で、左手の人差し指が右手の小指の上に乗るように握ります。

両手の一体感が感じやすく、コックを制限できるので一番無難なグリップと言えます。

パッティングのグリップはいろいろ試してみて、自分がしっくりくるものをチョイスすることをお勧めします。

ポイントは手首が悪さをしないグリップ方法を選ぶことです◎

②ヘッドを地面から浮かさない

アドレスはクラブヘッドを地面に密着させ、その時のシャフトの角度を維持したまま構え、そしてストロークするのが一番シンプルで良いです。

ですがあくまで基本としてです。

なかにはトウアップしてアドレスするプレーヤーもいますが、その方が打ちやすい方はそのままでいいと思います。

パッティングで一番重要なことはストロークの安定と再現性の高さです。

ですので、毎回同じストロークができるならば、なんら問題はありません。

③クラブフェイスの向き

パッティングはインパクトのクラブフェイスの向きで、打ち出し方向がほぼ決まります。

厳密には方向性の85%がフェイスの向きで決まります。

インアウトに振ろうが、アウトインに振ろうが、重要なのはインパクトでクラブフェイスをスクエアにできるかどうかです。

と言っても、理想はやはりクラブヘッドをインからインへ緩やかな弧を描くように振ることです。

そしてその軌道に対してクラブフェイスがスクエアに振れるといいですね。

パターヘッドの形状などによって多少理想の軌道は変わりますが、基本は上の画像のようにヘッドの軌道に対して常にクラブフェイスをスクエアを保つことです。

ターゲットにスクエアじゃないですよ◎

④前傾姿勢の深さについて

鏡の前でパターを持って実際にアドレスしてチェックしてみましょう。

アドレスして後方から見たとき、ボールから遠すぎたり、覆いかぶさるようなアドレスは良くないです。

前傾角度はシャフトと腕が直線になるように構えましょう。

⑤ボール位置について

基本的にボール位置は左目の下が最も良いとされています。

確認方法は簡単です。

まずボールを1球左手に持ち、もう1球を地面に置き、それに合わせてアドレスします。

左手に持っているボールを左目の下に持っていき、手を離します。

地面に置いたボールが左目の下に来ていれば、垂直に落下したボールと地面の上のボールがぶつかるはずです。

このボール位置やアライメントの取り方には、プレーヤー自身の利き目も関係してくるので、自分が思っている位置と実際の位置が少しずれている場合があります。

なので一度チェックしてみることをお勧めします。

⑥肘の位置について

アドレスでの両肘の位置はまず後方からと前方からの2方向からでチェックしましょう。

まず後方から見てシャフトと腕が一直線になるように構えましょう(背の高いプレーヤーは少し角度がつきます)。

シャフトと腕が一直線になっていないと、無意識にコックを使ってしまうので要注意です。

次に、正面から両肘が外側に開いていないかチェックします。

両肘はおへそを挟んで左右の腹部(腹直筋の脇)にくる位置がいいです。

両肘が軽く腹部(腹直筋の外側)に触れるくらいが理想です。

⑦下半身は使わないように

意外なことですが、自分でも気づかないうちにパッティングのストロークで体重移動している人はとても多いです。

パッティングで体重移動をすると、再現性が欠けてしまい、リズムや打点がずれたり、手首を使ってしまったりしやすいので、体重移動は行わないようにしましょう。

両足の内側に力をグッと入れてストロークするように、素振りや練習をしてみてください◎

パッティングのストロークはコアマッスルを意識して行うのが良いと言われています。

おわりに

パッティングの練習はスコアを縮める上で一番大事です。

簡単に取り組めて、すぐ結果につながります。

フルスイングの練習ばかりに気を取られないように、パッティングの練習もしっかり行いましょう。

ぜひこの機会に基本を一度チェックしてみてくださいね♪

次回はパッティングの練習方法などご紹介しまーす。

以上、あやのがお届けしました〜✩⃛( ͒ ु•·̫• ू ͒)

質問やメッセージ、こんな記事書いてくださいなど、みなさんの感想お待ちしてます!
わたしのインスタグラムのコメント、DMまでお願いします。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【確認してみよう】パッティングの基本7つのポイント

カートに追加されました。


×