スイングを変えずに飛距離アップ!フォローの風をうまく利用しよう!
ゴルフスイング

スイングを変えずに飛距離アップ!フォローの風をうまく利用しよう!

0

ゴルフは自然との闘いでもあると言われます。

我々アマチュアゴルファーは雨も嫌ですけど、スコアを乱す風も厄介ですよね。

しかし、同じ風でもフォロー、つまり追い風は時として歓迎すべきものになります。

いつもより遠くへ飛ばせる絶好のチャンスですからね。

ティーアップを2~3ミリ高くする

フォローの風に乗せてボールをより遠くに飛ばすには、高い弾道のドライブを放つことを考えればいいでしょう。

いつもより高く打ち出せば、後は風がボールを遠くへ運んでくれますからね。

まずはティーアップをいつもより2~3ミリほど高くします。

しかし、これだけではクラブフェースの上部に当たって弱々しいテンプラ気味のボールになるので、大きな飛距離は望めません。

ボールの位置はボール1個分左に

ティーアップを高くした分だけボールの位置を1個分だけ外側(目標側)に置きます。

これで、いつものようにクラブフェースのスイートスポットでしっかりボールをヒットすることができます。

スイング面で注意するポイントは、頭をしっかりボールの後ろ(右側)に残しておくことです。

フォローの風は体が左に流れやすい

フォローの風というのは、体の右サイドから目標方向に吹く風ですから、ダウンスイングとともに体も左へ流れやすくなります。

大きく飛ばそうという意識もありますので、余計に体が左にスウェーしてしまっては、大きくアッパーブローに打っていけなくなります。

頭をしっかり残し、大きく、高く振り抜くように打てば、ボールは風に乗って大きなキャリーボールが打てることでしょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

スイングを変えずに飛距離アップ!フォローの風をうまく利用しよう!

カートに追加されました。


×