最後のパットの距離を記録して、自身のパッティング力を把握する!

getty

ゴルフ初心者

最後のパットの距離を記録して、自身のパッティング力を把握する!

0

スコアカードには各ホールの打数を記入しますよね。パット数もしっかり記入している人も多いかと思います。

そこにもうひとつ提案したい数字があります。

それは最後に入れたパットの距離も、スコアカードに記録しておくことです。

そうすれば、パット数には現れないパターの実力がわかります。

トータルが18メートルを目標

パットの調子が悪い日というのは、30センチくらいのOKパットの距離が残ることが多いはずです。

仮に半分の9ホールでやってしまった場合は、30センチ×9ホールでトータル2.7メートルとなります。

ところが、あるホールで5~6メートルの距離を沈めたら、一気にトータルの距離が伸びますよね。

つまり、18ホールで最後に入れたパットの距離をトータル18メートルまで伸ばす努力をすれば、パッティングのレベルを向上させることができるということです。

1メートル×18ホールが目標

1メートルの距離を18回沈めて合計18メートルを達成するのは、実際にやってみれば分かると思いますが、ものすごく大変なことです。

しかし、2~3メートルの距離が入れば、目標の18メートルに近づくと思うと、この数字をできるだけ伸ばしてやろうという意欲が湧いてきます。

パットの距離が長くても短くても、目指すのはトータル18メートルです。

ビギナーレベルですと、3パットや4パットもあるでしょうから、大体0.5メートル×18ホールで約9メートルほどにしかならないでしょう。

スコアを安定させるためにも、1メートルを18回、あるいは合計18メートルを目指すことを目標にすることが、パット数を減らし、パッティングの上達につながるポイントになります。

上りの2メートルなど比較的やさしいパットにも集中できますし、1メートル以内のパットでも丁寧にストロークする習慣がつきます。

チップインの距離も加算する

グリーンサイドからのアプローチショットが直接チップインすることもあるでしょう。

そんなときは、距離を0としないで、チップインした距離も記入します。

ピンまで30ヤードでしたら、それだけで一気に18メートルを越しますから、ちょっとうれしい気分にもなります。

えっ、200ヤードのショートホールでホールインワンしたら?

それは…。どうしましょうか?

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

最後のパットの距離を記録して、自身のパッティング力を把握する!

カートに追加されました。


×