羽毛布団と毛布の正しい使い方
ライフスタイル

羽毛布団と毛布の正しい使い方

0

寒波が来たり来なかったり。朝方寒くて目が覚めてしまうことはありませんか?

ゴルフに行く日はいつも起きるのが早朝なので、特に寒く感じます。

そんな時でも布団を暖かく保つ秘訣があります。タイトルに書かせていただきましたが、羽毛布団と毛布の正しい使い方について解説します。

布団を掛ける順番

寒くなってきて、掛け布団をたくさん使いますよね? 皆さんはどのような順番で布団を掛けますか?

大きくこの2種類ではないでしょうか?
A敷布団⇒体⇒毛布⇒羽毛

B敷布団⇒体⇒羽毛⇒毛布

Aの方法で布団を敷いている方が多そうですね。さて正しい順番はどっちでしょうか?

正解はB

正解はBの敷布団⇒体⇒羽毛⇒毛布の順番です。

毛布と羽毛のそれぞれの役割を見てみましょう。

毛布:熱を遮断する
羽毛:熱を蓄えより暖かくする

敷布団⇒体⇒羽毛⇒毛布という順番にすることで、体から出た熱を羽毛で蓄え暖かく感じることができます。

さらに羽毛の上に毛布があることで外気を遮断し熱が逃げるのを抑えることができ、暖かさを持続することができます。

羽毛と毛布の順番が逆になっていると、毛布が熱を遮断してしまい羽毛に熱が伝わらず、効果が半減してしまいます。

また、羽毛がせっかく温まっても、暖かい空気が外に逃げて行ってしまうのです!

さらに暖かく

さらに暖かくするには、敷布団⇒毛布⇒体⇒羽毛⇒毛布としましょう!

冷気は下にたまり、暖気は上にたまります。

下からやってくる冷気を遮断するために、体の下に毛布を敷くと、保温性がより一層高まり、暖かくぐっすりと眠ることができますよ!

まだまだ寒い冬が続きますが、体調を崩さないようにぜひお試しください!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

羽毛布団と毛布の正しい使い方

カートに追加されました。


×