平凡ゴルファーの試打日記 ONOFF編。
ゴルフクラブ

平凡ゴルファーの試打日記 ONOFF編。

0

こんにちは。

kengolfです。

今回はONOFF(オノフ)のクラブを試打する機会がありましたので、書いてみたいと思います。

最近は女性に人気のブランドというイメージでしたが、試打してみると意外や意外でした。

ちなみに私のヘッドスピードは40メートル/秒前後です。(ドライバー使用時)

皆さんの参考になれば幸いです。

オノフドライバー クロ

ONOFFドライバークロを試打しました。

試打スペックは、ロフト10度のスムースキック Sシャフトです。

一言でいうと軽く打てます。

軽く打てるうえにドロー系のボールが打ちやすく、非常に打っていて楽しいクラブでした。

構えた感じがボッテリしておらず、ストレート~ドロー系の球が出るようなイメージが湧きますね。

またヘッドの打感がやや高い音で非常に気持ちが良く、メーカー純性シャフトが非常にクセのない振りやすいしなり感です。

また、本間ゴルフと同じようにメーカー純性のシャフトラインナップが豊富にあり、フィッティングをして飛距離が伸びたというユーザーが多いそうです。

オノフフォージドアイアン クロ

ドライバーに続いて、オノフフォージドアイアン クロを試打させていただきました。

試打スペックは、シャフトはNSプロ プロモーダス3 システム3ツアー125の7番でした。

モーダス3の120は何度か試打させていただいたことがありましたが、今回のツアー125は初めてでした。

これ本当に振りやすいです。

モーダス120よりもシャフトの走る感じがゆったりとなり、少しダイナミックゴールドS200のようなどっしり感があります。

今、私が使用しているアイアンに重量が近いこともあり、インパクトからフィニッシュまで、非常に振りやすかったですね。

ヘッドも構えた感じがボールがつかまるイメージが湧いて、難しすぎず、やさしすぎずの絶妙な顔つきでした。

またピッチングウェッジが46度という単品ウェッジとなっていて、100ヤード前後のスコアメイクに活躍してくれそうです。

打感が本当に柔らかいので、アイアンの練習意欲が湧く素晴らしいアイアンだなと思います。

イメージがガラリと変わった。

私がゴルフを始めた当初、いただき物のダイワブランドのカーボンシャフトのアイアンでゴルフを始めました。

当時から、やさしく飛ばせるクラブでしたが、試打をしたドライバー、アイアンもやさしさがありました。

工房系カスタムブランドである「RODDIO」、ウェッジで有名な「FOURTEEN」も同じ系統なので、ものづくりのクオリティは非常に高いのかなと思いました。

ブランドイメージの変化もそうですが、ゴルフクラブって種類や素材、コンセプトで本当に種類があり、奥が深いなあと感じました。

皆さんの参考になれば幸いです♪

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

平凡ゴルファーの試打日記 ONOFF編。

カートに追加されました。


×