林からの脱出はウェッジよりもミドルアイアンorユーティリティーで!

getty

ゴルフスイング

林からの脱出はウェッジよりもミドルアイアンorユーティリティーで!

0

ラウンド中にティーショットを曲げてしまい林の中へ。

OBじゃなかっただけ良かったと思ったのも束の間、ザックリや樹木に当たって大叩き…。

ありがちなパターンですね。

ところで林から脱出するのに、どのクラブを使っていますか?

もしかするとウェッジを使っているからザックリや木の枝と格闘する羽目になっているのかもしれませんよ。

ボールが上がりやすいウェッジは不向き!?

林からの脱出の場合、地面はベアグラウンド(土がむき出し)か枯れ葉の上にボールがあることがほとんど。

あとは木の幹や枝が邪魔をしていますので、とくに高いボールを打ち出せるスペースは本当に狭いです。

ですから林からの脱出は、ボールをクリーンにヒットしつつ、低い弾道(アプローチのピッチ&ランのイメージ)が理想なのです。

それを『30~50ヤード先のフェアウェイまで出す』という距離の判断だけでウェッジを選択すると、ボールが高く上がってしまい樹木に跳ね返されます。

またウェッジはソールが広いのでベアグラウンドではトップしますし、枯れ葉の上ではダフりなどのミスが出やすいです。

出すだけならミドルアイアンで転がすように低く打ったほうが簡単!

 出すだけならミドルアイアンで転がすように低く打ったほうが簡単!

林からの脱出に便利なのは、実はミドルアイアンやユーティリティーです。

まず右足の前かもう少し右にボールをセットます。

打ち方としては、脱出するだけなら、パッティングのストローク、ロングパットを打つくらいのつもりのスイングさえできていれば十分。

ロフトが立っているので、地面をはうような低い弾道で真っ直ぐ打ち出しやすいです。

よく9番アイアンや7番アイアンを使うヒトもいますが、7番くらいまでのロフトだと予想外にボールが上がってしまうこともありますので、個人的には5番アイアンがオススメです。

5番アイアンをセッティングしていないならユーティリティーでもいいと思います。

このくらいロフトが立っていたほうが確実に低いボールが出ますし、ボールをクリーンにとらえやすいです。

5番アイアンくらいのロフトなら、地面をはうくらいの低い弾道でもキャリーは以外と出てくれます。

林の中から5番アイアンで低いボールで20ヤード先にキャリーさせて、さらに20ヤード転がりフェアウェイ真ん中に見事脱出! という感じですかね♪

日頃から低いボールを打つ練習をしておこう!

よし、林の中からの脱出にはロフトの立ったクラブを使おう! と意気込んでも、ラウンドでぶっつけ本番でやったところでうまくいくはずがありません。

日頃から打ちっ放し練習場などで練習しておきましょう。

クリーンにボールをとらえたいので、少しティーアップしたボールを打つようにしたほうがいいです。

ボールが右足の前にくるようにセットして、20ヤード、30ヤード、50ヤード、70ヤード、100ヤードと、どのくらいの振り幅でキャリーするかとそれぞれのボールの高さを確認しながら打っていきます。

私はこれを5番アイアンと7番アイアンで練習しています。

ちなみに7番アイアンは、地面はラフだけど枝がせり出していて低い球しか打てない場面を想定しての練習です。


いかがだったでしょうか。

林からの脱出ができなくて困っているなら、試してみる価値はあるかもしれませんよ!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

林からの脱出はウェッジよりもミドルアイアンorユーティリティーで!

カートに追加されました。


×