【最近、再注目!マッスルバックアイアンのすすめ】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

amazon

ゴルフクラブ

【最近、再注目!マッスルバックアイアンのすすめ】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

0

新年あけましておめでとうございます!

今年も読んでいただける皆さんに、クラブの事だけですが少しでもお役に立てるよう、つたない文章ではございますが、一生懸命! 情報配信して行こうと思っておりますので、今年もよろしくお願い致します。

さて、新年一発目の話題は・・・

『マッスルバックアイアン』についてお話したいと思います。

マッスルと聞くと、条件反射のように『マッスルは難しいから』と敬遠する声が聞こえてきそうですが・・・。

ココ最近はチョッと流れが変わり、ジワジワと『アイアン好きゴルファー』を中心に再び、人気が盛り上がってきております。

やはり、ゴルファーなら一度は憧れる『硬派なルックス』と、『ミスはミス』としてハッキリと結果に現れる形状は、本来のゴルフの楽しみを思い出させてくれるようです。

そこで、今回はそんなマッスルバックアイアンの特徴や、意外にも使えばわかるメリットなど、隅々まで紹介して行こうと思いますので、ご興味のある方は最後までお付き合いくださいませ。

では、始まり始まり・・・。

その①、マッスルバックアイアンとは?

今さらご説明する事でもないとは思いますが、『マッスルバック』とはヘッド形状のことです。

いわゆるバックフェースに凹み(キャビティ加工)のない『ツルッとした背面』のアイアンを総称しています。

一昔前までは、クラブ技術が今ほど開発されておりませんでしたので、『キャビティ』や『ポケットキャビティ』なんてアイアンはまだまだ少なく、ほとんどがこの『マッスルバック』でした。

ですので、昔からのゴルフ通な方や、この『マッスル』でゴルフを初めた方にとっては、今でも根強い人気のクラブである事は間違いありません。

でも、なぜ敬遠されるのでしょうか?

それは・・・。

もちろん、その形状から『扱いが難しい』という点が挙げらるでしょう!

先にも触れましたが、バックフェースの“キャビティ加工”がない形状というのは、それだけ『芯(スイートスポット)』が小さく、一点に集中しているという事になります。

という事は、その小さな芯に効率よくミートさせるには技術を要し、ミスヒットにつながりやすいのです。

しかし、ここ最近そんな難しいアイアンが再び注目されています。

なぜでしょうか?

その②、マッスルバックの魅力とは?

さて、『難しいアイアン』がどんな理由で再び注目を集めるようになっているのでしょうか?

それは・・・

①シャフトの種類が増え、調整次第である程度打ちやすくなる
②最近のマッスルバックは打ちやすくなっている
③打感の良さ
④ミスの出方がハッキリしている

・・・等が挙げられます。

まず①は、ココ最近のシャフト進化は素晴らしく、ヘッドが多少難しくても上手くシャフトをマッチングしてあげれば、望み通りの使いやすいアイアンに仕上ります。

②と③は共通するところがあり、昔のマッスルよりは現在のマッスルの方がはるかに打ちやすくなっており、芯も広くもなっています。

マッスルの特徴である『ボールを潰したような柔らかい打感』を体感しやすくなっております。

そして最後の④、ミスがハッキリしているということ。

クラブがミスをカバーしない分、打つ人間のクセがハッキリわかり、スイング改善・ミス改善に大きくつながっていきます。

コースのあらゆるシチュエーションで、シッカリとクラブを操作できるようになりたいという、向上心のある熱血ゴルファーを中心に人気が集中しています。

まさに『硬派・体育会系クラブ!』そこが大きな魅力ですね。

その③、マッスルバックを使うメリットは? 利点は?

先にもお話ししたように、マッスルバックを使うにはやはりある程度『スイング軌道が安定されている方』という前提が付きますが、特にマッスル向きなスイングという方がいらっしゃいます。

①インパクトで上から打ち込むタイプの方
②フェースローテーションの少なめの方
③インテンショナルに球筋を操作したい方

などに向いており、それがそのままメリット・利点につながると思います。

①のインパクトで上からヘッドを落としていくようなスイングでは、自ずとフェース面の上側にボールが当たるようになります。

キャビティ効果のないマッスルでは、重心高(芯の高さ)が高めにあるため、ちょうど最適な位置でインパクトができます。

②のフェースローテーションとは、手首を使ったテークバックやインパクトだと小振りな顔のマッスルでは重心距離が短くヘッドが返りやすいため、ローテーションが大きくなるとヘッドの軌道が安定しづらくなります。

という事は、意図的に球筋を操作しようとされる③のような方にとっては扱いやすくなるという事です。

クラブ特性にスイングが当てはまれば、かなり実用的なアイアンだといえます。

その④、実用面を考えればマッスルとキャビティのコンビネーション

以前より、アイアンセットの中身を『マッスルとキャビティの混合』で組むという利点をすすめてまいりましたが、やはり、実用性を考えるとこれは本当にオススメです。

ショートアイアンと呼ばれる『8番〜ピッチングウェッジ(PW)』はマッスル形状。

ミドル・ロングアイアンと呼ばれる『5番〜7番』はキャビティという組み合わせにします。

ショートアイアンは、シッカリ打ち込んで止まる球筋が理想的ですので、重心高が高く操作性のよいマッスルはピッタリです。

それに、ミスをしても縦距離が落ちるくらいで、コースでは案外大ケガしないのも、よくマッスル愛用者からお聞きすることで、おススメする理由の一つでもあります。

また、ロングアイアンになるとショートアイアンのようにシッカリ打ち込んでいく事はかなり難しく、ミート率も下がるので、スイートエリアの広いキャビティがやはり実用的です。

というわけで、形状やロフト設定の近いマッスルとキャビティを組み合わせる事をオススメしております。

メーカーでは最初からそのような設定のアイアンセットもありましたが、最近は少なくなりましたね・・・。

もっと、マッスルに注目が集まればまたブームがきそうですが・・・。

その⑤、今回のまとめ

いかがでしたか?

新年第一回目の投稿は、最近再び注目を浴び始めている『マッスルバック』アイアンについてお話しさせていただきました。

つい何年か前にプロが『使いやすく・ミスにも寛容』な『デカマッスル』なるアイアンを使ってみたり、マッスルの見た目の美しさを継承した『中空構造』マッスル型アイアンが発売されたりしておりました。

やはり、伝統美ともいうべく皆があこがれる『マッスルバック』は、ゴルファーなら一度は手にしたいクラブである事は間違いないようですね。

今回ご紹介したように、打ち方やシャフト選択・組み合わせ方法等・・・打つ人に合わせてセッティングしてあげれば、あこがれのアイアンも上手く使いこなせるはずです。

もし、使ってみたいとご興味のる方はこの機会にぜひ一度、トライしてみてはいかがでしょうか?

きっと、『マッスルの虜(とりこ)』になると思いますよ!

では、今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。     

〜最高の1打とその次のステップのために〜     
また次回まで・・・      
押忍・感謝

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

【最近、再注目!マッスルバックアイアンのすすめ】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

カートに追加されました。


×