ラウンド中のマナー!意外と知らない!?正しいボールマークの直し方!
ゴルフ初心者

ラウンド中のマナー!意外と知らない!?正しいボールマークの直し方!

0

ショットが見事にグリーン上に決まった時、グリーンに行ってみるとボールの落下地点がへこんでます。
これが『ボールマーク(ディボットともいいます)』です。

皆さんはグリーンフォークはいつもポケットに入っていますよね? 入ってなければすぐ買いましょう!

僕も始めたての頃は、グリーンフォークの使い方を勘違いしてましたので、今日は正しいグリーンフォークの使い方を解説しています。

ボールマークを直す理由

グリーンにナイスオン!

グリーンが柔らかいとボールマークができてしまいます。

そんな時はグリーンフォークを使って直しましょう!

ボールマークを直さないと:

・後続組の人がデコボコのグリーンでプレーすることになってしまう
・芝がまっすぐ上に生えてこないので、芝目がおかしなグリーンになってしまう

などの問題があると、ゴルフ場のコース管理の方が嘆いていました。

以下でボールマークの修復方法を解説します。

芝を中央に寄せるのが正解

よく勘違いされているのが、埋まった芝をフォークで持ち上げるようにしてしまうこと。

僕も最初は芝を持ち上げていました。

実はそれ、間違いなんです!!

芝の根が抜けてしまって逆に枯れてしまうそうです・・・。

正しい方法は、グリーンフォークを使って芝を中央に寄せましょう。

(イラスト2点、「Honda GOLF」さんからお借りしました)

修復の手順

ボールマークの四方(上下左右)からフォークを刺して、芝を中央に寄せます。

最初に、ボールが着弾して盛り上がっている奥側から寄せるといいでしょう。

最後はパターの底で、芝を押さえて平らにしましょう!

※目土の時とは違い、スパイクで踏むのはやめましょう。かえってグリーンを傷つけてしまう可能性があります。


セルフプレーの割合が多くなって、ボールマークが増えてしまっているのが現状です。最低限自分のディボット跡だけでも修復していきましょう。

プレーに余裕のある方は、毎グリーン1人2つ直すよう心がければボールマークは減っていき、みんなでいい状態のグリーンが共有できますよ!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

ラウンド中のマナー!意外と知らない!?正しいボールマークの直し方!

カートに追加されました。


×