【RomaRo発!難し過ぎず・やさし過ぎない・ちょうど良さを形にしたNEWモデル発売編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

【RomaRo発!難し過ぎず・やさし過ぎない・ちょうど良さを形にしたNEWモデル発売編】☆失敗しない、クラブ選びのヒント教えます。

お気に入り

当店で取り扱うメーカーの中で、取り分け人気の高い地クラブメーカー『RomaRo』。

今年、ゴルファーにとって“ちょうど良い”という表現がピッタリなモデル! 

「NEW Ray Type R」がドライバー、フェアウェイウッド(FW)、ユーティリティー(UT)、アイアンと各モデル店頭に並び始めております。

ドライバー~アイアンまで『球質やフィーリングの統一感』が素晴らしく、すべてこのモデルで揃えたくなるクラブです。

どのアイテムも素晴らしいデキで、『やさしさ』『気持ちよい弾き感』『しっかりした方向性』すべてにおいて満点のでき栄えです。

今回はこの注目のNEWアイテムについて、魅力やオススメなポイントを余す事なく徹底的にご紹介させていただきますので、ぜひ、最後までお付き合い下さいませ。

では、はじまりはじまり・・・。

其の①、扱い易さ抜群!許容範囲の広い Ray Type R ユーティリティー

其の①、扱い易さ抜群!許容範囲の広い Ray Type R ユーティリティー

前モデルから、打ち易さと飛距離性能では高い評価であったType Rですが、さらにパワーアップしてモデルチェンジになりました。

前作同様、ヘッド構造はチタンカップフェースにステンレスボディの2ピース構造を引き続き採用しており、打点のバラツキやミスに強い、強弾道も前モデル同様の安定感です。

さらに今回のNEWモデルは、ソール前方にある『M字の溝』が特徴で、この溝の効果でボディもたわむ効果が得られ、カップフェースの力強い弾きとこのソール形状によるたわみ効果の組み合わせで、前作よりも『高打ち出し』『高初速』でさらなる安定感と飛距離性能を実現しています。

何より、試打された御客様全員が『打ち易い』『自分のよりも飛距離が出る』と感想を述べられております!

ラウンドの中で、一番頼りになるユーティリティーは特に『やさしさ・安定した飛距離性』が必要不可欠ですからね。

これだけ高性能なクラブは、必ず『困った時の頼れる1本』になるはずです。

競技ゴルファーからアベレージまで、どなたにもハマる・マストアイテムです!

其の②、フェアウェイウッドに定評のあるRomaRoの最速・強弾道モデル

其の②、フェアウェイウッドに定評のあるRomaRoの最速・強弾道モデル

『フェアウェイウッドといえば、RomaRoでしょ!』というくらい、フェアウェイウッドの評価が高いRomaRoですが、その中でもType Rは『難し過ぎず、やさし過ぎない』の『ちょうど良い』を形にした『かゆい所に手が届く』優れものクラブです。

そんなType RのNEWモデルは、UT同様にチタンカップフェースと“M字溝”の相乗効果でかつてない『飛距離』と『安定感』を実現しております。

ヘッド形状はシャローバックの洋梨形状! 構え易さから、やさしい印象をプレイヤーに与えてくれます。

打った感想は、『球が強く・落ち際で失速しない』『オートマチックにヘッドが球を上げてくれる』そんな印象で、

『とにかく、打ち易く・気持ち良く振り抜ける!』そんな印象です。

シャフトのマッチングも、先調子系のシャフトならシッカリと捕まった球が出ますので、非力な方やシニアにおススメです。

逆にヘッドスピードが速い方には、しっかり目のシャフトでインパクトでシッカリとボールを叩いてもブレ無いシャフトを選べば、高弾道で安定性の良い球質になると思います。

こちらも、欠点の付けようがないでき栄えです。

其の③、飛び・操作性・打感・構え易さ!4拍子揃った、チタンフェースアイアン

其の③、飛び・操作性・打感・構え易さ!4拍子揃った、チタンフェースアイアン

今回、発売されるTYPE Rのアイテムの中で、僕はこのアイアンを一番おススメしております。

まずヘッド形状はいわゆる『やさしい系・飛距離重視アイアン』よりは小振り、それでいて操作性重視な『アスリート向けアイアン』よりはやや大きくソール幅も広目。

ヘッドをソールすると球を包み込むような安心感あふれるフォルムです。

さらに、フェースにはチタン素材が採用され、薄く軽く処理されており、その軽くした事で余剰重量をソールに配置。

チタンフェースのボール初速の速さと、深い低重心化による球の上がり易さが、バラツキのない安定性と圧倒的な飛距離を実現しています。

打った感想は、初速が速く高弾道! 左右のブレが少なく目標に対して、一直線に飛んで行くイメージ。

シャフトとのマッチングですが、決して大き過ぎないヘッドサイズは、シッカリ目のシャフトと組み合わせても相性は良いでしょう!

僕は、ロング番手とショート番手で特性が変化する、いわゆるウエイトフロー設計的なシャフトとの組み合わせをおススメしております。

ロング番手は捕まりがよく、ショート番手は左右ブレの少ないシッカリとスピンの効いた弾道が期待できます。

其の④、高初速・強いインパクト・高いミート率が実現!期待のドライバー

其の④、高初速・強いインパクト・高いミート率が実現!期待のドライバー

そして、最後にご紹介するのがType Rドライバーになります。

一番期待されているアイテムですので本当は一番最初にオススメしたいのですが、この原稿を書いてる5月には未だ発売されておらず、7月の発売予定になります。

ですので、自分も未だ試打していないので実際の感想は述べられませんが、上記でご紹介したアイテムのできから想像するにかなり期待できる事、間違いなしです。

構造はチタンカップフェースにボディ・クラウンともに質の異なるチタンを採用した3ピース構造。

FW・UT同様にソールにはM字溝を施しフェースもボディーもたわむ、“超反発”ヘッドに仕上がっております!

さらに、前作に比べ約500回転程『低スピン』化も実現しておりますので、初速が速く、直進性の良い安定した飛びが期待できます。

なにぶん、実打ができていませんので打感や打球音の説明ができませんが、構造や前作からの流れから推測するに弾き感のある心地よいサウンドは今回も期待でき、Type Rファンを増やすと思います! ぜひ、これからの要チェックリストに入れて下さい。

其の⑤、今回のまとめ

其の⑤、今回のまとめ

getty

いかがでしたか? 今回は、RomaRo今年のNEWモデルであるType Rシリーズについてご紹介させていただきました。

前モデルが大変人気の高かったモデルですので、そのクオリティーの高さを越える事に注目が集まっておりましたが、発売されたアイテムを実際に試打してみると、想像を越えるできの良さにみなさん驚かれております。

Type Rのコンセプトにある『難し過ぎず、やさし過ぎない“ちょうど良さ”』は、良いといわれるクラブにとって一番必要不可欠な条件ですよね!

実は、なかなかこの“ちょうど良さ”を実現できるメーカーさんが少ないんですよね。

そんな、『かゆい所に手が届くクラブ』タイプRシリーズは、今年のヒットクラブになる事、間違いなしです。

さらに、扱い易くカスタマイズするためのシャフト選択も重要ですので、気になる方はぜひ、取扱いショップまで御連絡下さいませ。

あなたも、Type Rを頼りになる相棒としてバックの中身にラインナップさせてみてはいかがでしょうか?

〜最高の1打とその次のステップの為に〜
また次回まで。。。
押忍・感謝

お気に入り

カートに追加されました。


×
グリッジカップG