危険!!あなたは大丈夫??憑りつかれるとドツボにはまる「肩回せ病」
危険!!あなたは大丈夫??憑りつかれるとドツボにはまる「肩回せ病」
ゴルフスイング

危険!!あなたは大丈夫??憑りつかれるとドツボにはまる「肩回せ病」

0

多くのゴルファーが「肩を回さなきゃ!!」と、一生懸命に肩を回してスイングしています。

しかし!!

ちゃんと肩が回っているゴルファーって少ないんです((+_+))

脱!!肩回せ病

脱!!肩回せ病

《病名》
肩回せ病

《症状》
ゴルファーの多くが、バックスイングで肩を回さなければいけないとお考えのようです。

そして、その肩の回転の目安はアゴの下まで左肩を回すと考えている方が多いようです。

肩を回す意識が引き起こす弊害

肩を回す意識が引き起こす弊害

この肩を回すという意識が引き起こしている症状は

※肩を回すのではなく、右肘を引いている

※アゴの下まで左肩を回すのではなく、アゴを左肩の上に動かしている

多くの方が、このどちらかに当てはまります。

結果どうなるか?

ダフりトップ、シャンク、天ぷら、スライス、フック

何でも出ます(T_T)

《処方》手のひらを合わせてシャドースイング

《処方》手のひらを合わせてシャドースイング

クラブを握らず、両手のひらを合わせてアドレスの姿勢を作ります。

そのまま両手のひらを合わせたまま、ズレないようにシャドースイングをします。

この時、肩を回そうとしなくても両手のひらがズレなければ自然と肩は回っています。

肘も両手のひらがズレなければ、正しくたためています。

☆肩は回すのではなく、回るものなのです☆

《処方箋》ドリルの解説

詳しいドリルの解説はこちらの動画をご覧ください(^_-)-☆

どこでも誰でも出来る簡単ドリル。

やればやっただけの結果が現れます!!

信じる者は救われる

ゴルファーの皆さん!!

私パーシモン加藤を信じて下さい!(^^)!

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

危険!!あなたは大丈夫??憑りつかれるとドツボにはまる「肩回せ病」

カートに追加されました。


×