MIURA CB-2008 ついにデビュー!!

MIURA CB-2008 ついにデビュー!!

お気に入り

CB-1008やMB-5005のアイアンに加えてMG-HAYATE(ドライバー、FW)などが好調の三浦技研。

CB-2007が発売されてから4年の歳月を経て、NEWモデルCB-2008が待望のデビューです!!

ミウラ初の自社生産複合ボディ

ミウラ初の自社生産複合ボディ

最大のポイントは、軟鉄フェースとSUS(ステンレス)304バックボディを溶接結合させたミウラ初の自社複合ボディ。

9番とピッチングウェッジ(PW)に関しては全面的に軟鉄鍛造となっていますが、5~8番までは軟鉄鍛造とSUS304鋳造との複合ボディを採用しています。

軟鉄フェースにはパワーブリッジと呼ばれる厚みのある部分を2箇所設置することで、SUS304バックボディとは思えないくらいの柔らかい打感を実現しています。

実際に打ってみましたが、CB-1008やMB-5005に負けない打感を実現しているところは流石に“世界のMIURA”ですね。

CB-2007との違いは?

CB-2007との違いは?

CB-2007との最大の違い、それは5~8番までのポケットキャビティ化。

ポケットキャビティにすることでCB-2007よりもミスヒットに強く、より深い重心となっているので球も上がりやすくなっています。

ポケットを設けることで得られた重量分を低重心、深重心とするように配置することでフェース自体も大きくすることができますし、大きめフェースで安心感も増大。

ポケット部分を出来る限り深く取ることで重心も深くできますから、球も上がりやすいです。

どのくらいの差があるかは、近々手元にあるCB-2007をCB-2008と同じスペックで組んでみて弾道解析した結果を元にお知らせしますが、ヘッド単体で計測しただけでも相当変わっていますので、実際に打ってみての結果が楽しみですね。

また、CB-2007やCB-1008と比較するとロフトが2度ストロングロフト化(5番でロフト25度)されています。

PWで45度となっているのでウェッジ類のつながりが気になるところですが、50度、56度というウェッジで充分イケますから、その上のユーティリティ(UT)類との繋がりを重視したいところですね。

ちなみにラインアップに5番アイアンまでしか無いのはロングアイアンが好きなゴルファーにとっては少し残念ですが、CB-2008のターゲットを考えるとこれでいいのかもしれません。

CB-2008のターゲットはGridge読者!!

CB-2008のターゲットはGridge読者!!

CB-2008のターゲットはPP-9005とCB-1008の中間層という、ゴルファーの中で一番多い層がターゲットです。

PP-9005が初心者とシニアに向けたモデルであるのに対して、CB-1008は多少の優しさを求めるアスリートモデルでした。

その中間層である、上昇志向のある初中級ゴルファーのポジションは正直手薄だった三浦技研なのですが、CB-2008の登場によって一番大きな隙間が埋められたこととなりますね。

このターゲットはまさにGridgeの読者です!!

CB-2008は2月25日発売予定!!

CB-2008は2月25日発売予定!!

気になる発売予定日は2017年2月25日。

ヘッド1個で20,000円+税と決して安価とは言えないアイアンですが、世界の三浦技研の所有感と類まれなる高性能を併せ持ったCB-2008ですから、上級者になっても長く使えるアイアンだと言えます。

2017年7月からはミウラクラフトマンズワールドの各種カスタマイズにも対応するということで、クラフトマンズワールドのAサポート登録店であれば、ロフト・ライの三浦での変更はもちろん、ソールやトップラインのカスタマイズ、メッキの種類や刻印のカスタマイズまで可能になります。

BoseIronFactoryを含むAサポート登録店であればほとんどのカスタマイズは値段が変わらないので、少し待って自分好みのカスタマイズをしていくのもいいのかもしれませんね。

お気に入り
ファルコンまつばら

BoseIronFactory及びJCMO(日本クラブMOIマッチング機構)主宰 Gridge公式ライター スキンヘッドにヒゲにメガネ、身体もゴツいためファルコンと呼ばれる異色のクラブチューナー。 いち早くクラブMOIマッチングに着目し、全ての番手を得意番手にしてしまうクラブチューニングでプロからの信頼も厚い。 クラブMOIマッチングに関する技術と知識は世界でもトップレベルで、プロの工房向け雑誌にも連載を持っていたほど。 冬を除いてスコットランドの気候に日本で一番近いと言うことで北海道の道東、弟子屈(てしかが)に移住して弟子屈から全世界にMOIマッチングを広めるべく、年間2,000本以上のクラブMOIマッチングを行っている。 ゴルフトゥデイ「ゴルフ~北の国から~」の連載(2018年1月号で終了)を始めゴルフ雑誌などでも活躍中!! http://www.ironfactory.info/

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG