フェードボールはどんな球筋?メリットや打ち方練習方法を解説!

お気に入り
ゴルフをしている人から出てくる、「フェードボール」または「ドローボール」という言葉。

当たり前のように会話の中で使用されていて、特に初心者の方は、意味を聞きそびれてしまった、という人も多いのではないでしょうか?

今回は、ゴルフの基本であるフェードボールについて、そのメリットや打ち方、フェードボールを打つための練習方法を解説します。

フェードボールとは?

フェードボールとは、球筋(ボールの軌道)のひとつで、少し左に打ち出した後、そのまま左に飛んで行かないで、右に曲がって目標方向へ飛んでいく球筋のことです(右打ちの場合)。

そのため自分がボールを落としたいと思った向きより最初から少し左に向かって打ち、右に曲がって目標方向に戻ってくるというイメージです。

よく「スライス」と混同される方もいるようですが、スライスは狙った場所よりも大きく右に曲がっていく球筋のことですので、フェードとは異なるものですので気をつけましょう。

いっぽう、フェードボールとセットで議論されるものとして、「ドローボール」があります。

ドローボールとは、フェードとは真逆の球筋で、少し右に打ち出されてから目標方向に向かって左に曲がっていく球筋のことです。

そのため狙っているところより右に向いて打ち、左に曲がって狙った目標に向かうようになります。

狙った場所よりも大きく左に曲がっていく球は、ドローとは別に「フック」と呼ぶことが多いようです。

フェードボールのメリット

フェードボールのメリット

getty

フェードボールのメリットは、スピン量が多く、ランが少ない、という点です。

逆にドローボールはランが出るボールとなりますが、“狙ったところに落とす”という目的に対しては、使いづらい球筋と言えます。

自分の使っている各ゴルフクラブのキャリーの距離を把握していれば、フェアウェイ上からアイアンでフェードボールを打って、グリーン上のピンポイントの場所にボールを置くことができれば、パーやバーディーの可能性がグッと大きくなりますね。

また、フェードボールはボディターンをポイントとして打つボールになるため、リストターンをポイントとするドローボールに比べて、球筋が安定しやすい傾向にあります。

フェードボールのデメリット

フェードボールのデメリット

getty

メリットの点で、フェードボールはランが少ない、とお伝えしましたが、デメリットというと、それがそのまま挙げられるでしょう。

特にほとんどのティーショットで使用するドライバーにおいては、「飛ばしたい!」と思う人も多いはず。

多少のミスショットでもランでトータルの飛距離を稼ぐことができれば、セカンドの距離も短くなり、パーオン率も上がると思います。

プロゴルファーの中には、ティーショットはドローボール、アイアンでショットするセカンド以降はフェードボールを打つなど、球筋を打ち分けてコース攻略をする人もいます。

自分の持ち球はフェード? ドロー? 普段の球筋を見極めよう!

自分の持ち球はフェード? ドロー? 普段の球筋を見極めよう!

getty

自分の持ち球を「フェードにしたい!」「ドローにしたい!」という目標がある人もいると思います。

しかし、人にはそれぞれ、関節の柔軟性や筋力の左右差、視力の違いなどのさまざまな条件から、打ちやすい球筋というものが存在します。

ですから、常に真っすぐの球を打つ練習をするのではなく、自分のスイングはどちらに曲がりやすいかを確認して、その曲がり幅が一定になるように練習し、ドローかフェードのどちらかを持ち球にしたほうが上達は早くなるでしょう。

練習場でボールを打っていると、しっかりした手ごたえを感じてナイスショットが出る時があります。

その時のボールはどちらに曲がっていますか? 完全にストレートボールというケースは実は非常に少なく、ボールの頂点付近から左右に流れながら落下していきます。

自然に体が動いて、しっかりとボールをとらえた時のボールが自分のベストな球筋です。そこでボールが左へ曲がればドローヒッター、右に曲がればフェードヒッターです。

その人の体の動きに合った球筋が出ますので、まずは気持ちよくスイングしてみるのがいいでしょう。そこで出たボールのクセこそがあなたの球筋となるのです。

自分はドローボールの球筋だけれども、フェードボールが打ちたい! という場合でも、不可能ではありません。フェードボールの打ち方を練習することで身に着けていくことができますよ。

フェードボールに向いている人はどんな人?

フェードボールに向いている人はどんな人?

getty

性別や体格によって「こちらがいい」というものではありませんが、しっかりと距離が出せてショットに正確性がほしいという方であれば、フェードボールをおすすめします。

フェードボールはランが少なく、狙ったポイントにぴたりと止めやすいのが特徴です。

計算しにくいランを使って飛距離を稼ぐより、狙ったところにピンポイントで落とせるのが魅力です。

対して、あまりキャリーが出なくて、飛距離が欲しいという方は、ドローボールを身に着けると良いかもしれません。

実際にプロゴルファーでもキャリーが出る男子プロゴルファーはフェードボール、女子プロゴルファーはドローボールを持ち球としている人が多く、自分の現在の状態から見極めていくと良いでしょう。

フェードボールを打つ時のフェース向きは?

フェードボールを打つ時のフェース向きは?

getty

それでは、フェードボールの打ち方について説明します。

まず、球筋を打ち分ける時、インパクトのフェースの向きと因果関係がある、と耳にするケースもあります。これは実際にはどうなのでしょうか?

実は、フェースの向きが影響するのは、ボールの打ち出し方向です。ドローボールやフェードボールの球筋である“曲がり”を決めるのは、フェースの向きに対してスイング軌道がどう動いたのかでおおよそ決まります。

フェースの向きが打ち出し方向、スイング軌道がボールの球筋に影響するという飛球法則を、「新飛球法則」と言います。

以前は、フェースの向きが球筋、スイング軌道が打ち出し方向に影響するという、現在とは正反対の理論が唱えられていましたが、トラックマンなどの弾道計測器やハイスピードカメラにより正確な解析が成され、Dプレーン理論などの誕生により、飛球理論が修正されました。

アウトサイドインのスイング軌道がフェードボールを生む!

アウトサイドインのスイング軌道がフェードボールを生む!

getty

新飛球理論により、スイング軌道がボールの球筋に影響すると唱えられています。

実際にフェードボールを生むためには、ヘッドがアウトからインに抜けていく、アウトサイドインのスイング軌道が必要です。

フェードボールの場合、正確に言うと、目標方向に対してフェースが閉じていればボールは左に打ち出されますが、そのフェースの閉じ具合よりも、スイング軌道がアウトサイドインなら、打ち出されたボールは左に出ることになり、フェードボールとなります。

わかりやすく言うと、たとえば

インパクト時のフェース向き:2度左
インパクト時のスイング軌道:3度左

だろすると、

軌道に対するフェース向き:1度右

となり、左に打ち出されて右に少しだけ戻ってくるフェードボールになります。

狙ったボールの落としどころよりも左に打ち出していき、それが右に曲がって狙ったところへ落ちていくという算段です。

アドレスですが、フェードボールを打ちたい場合は、少しだけオープンスタンスに構えることもおすすめです。フェース面は目標方向に向けたまま、そのスタンスなりにスイングをすれば、カット打ちを意識することなく、自然とアウトサイドイン軌道となり、フェードボールが打ちやすくなります。

スタンスを変えるだけであとは普通にスイングすれば、フェードが打てるようになるのです。

あまり極端にやると実戦のラウンドで使えませんので、練習場などでアウトサイドインの感覚をつかんでから本番で打ってみましょう。

トップでのヘッドの位置が高いほどフェードボールになりやすい

トップでのヘッドの位置が高いほどフェードボールになりやすい

getty

フェードボールを打つ場合、捻転を深くし、トップでクラブヘッドの位置を高くキープすると、ヘッドが体から離れて外から入りやすくなります。

バックスイングでは左手の甲と手首が一直線にならないよう、ヘッドを外へ動かしてあげます。

トップで作った手首のタメをほどかず、そのまま真っすぐ上から叩くようにスイングすると自然とアウトサイドインのスイングになり、フェードボールが打てるようになります。

フェードボールを打つための練習方法1.テープでヘッド軌道に線を付ける

フェードボールを打つための練習方法1.テープでヘッド軌道に線を付ける

getty

フェードボールを打つために、実際にクラブを振って体に覚えさせることが大切です。

練習方法として、ボールを置くマットにヘッド軌道を記したテープを貼って線を付けてしまうとわかりやすいです。

フェードボールを打つにはアウトサイドインのスイング軌道が必要になりますので、外から内へと、テープを貼ってみましょう。

ゴルフ練習場のマットは緑色のマットに白い横線を引いているところも多いため、マットを上から見て、右上から中心を通って左下へテープを渡らせるイメージです。

準備ができたら、テープに沿ってスイングをするだけ。

いままでスイング軌道を意識したことがない人は違和感を覚えるかもしれませんが、テープ通りに振っていくことで、正しいスイング軌道が身に着いていきます。

この練習方法は、ボールがなくても、素振りで練習が可能です。

これなら練習場でもできますし、自宅での素振りでも身に着けることができますので、なかなか練習場に行けないという人にとっても魅力的な練習方法です。

フェードを打つための練習方法2.フェースを返さない

フェードを打つための練習方法2.フェースを返さない

getty

フェードを打っていく時、インパクトからフォローにかけてフェースを返さないようにスイングしてみましょう。

テレビなどで中継しているゴルフの試合で、プロゴルファーがフィニッシュでクラブを高く上げ、腕を前に出した状態で、不自然なフィニッシュをしているのを見たことがある方もいるかもしれません。

あれはフェースを返さずにスイングをしている証拠なのです。

インパクトからフェースを返さず、目標方向にヘッドを差し出すようなイメージで、フィニッシュを高く抜くようにしていくことで、フェードボールが打ちやすくなります。

フェードを打つための練習方法3.練習場では右側の打席を使う

フェードを打つための練習方法3.練習場では右側の打席を使う

getty

フェードボールを打ちやすくするには、練習場で打席の位置も関係してきます。

まず、人間というものは、障害物がある方向は無意識のうちに避けようとします。そのためフェードボールを練習したいのならば、打席は一番右端がいいでしょう。

ここであれば、ネットやポールが右側にあることになりますので、無意識に左方向へ打ち出すこととなり、フェードボールを自然に打ちやすくなるのです。

パワーフェードで飛距離もゲット!

パワーフェードで飛距離もゲット!

getty

さて、このような練習方法でフェードボールを身に着けたあと、次に目指したいのは、「飛距離の出るフェードボール」です。

え? フェードボールはスピン量が多いから飛距離が伸びないんじゃなかったの? と、首を傾げたくなる気持ちはわかります。

けれど、通常のフェードボールよりも、バックスピンとサイドスピンを抑える打ち方をすれば、フェードボールでも飛距離を出すことが可能になります。

そんな力強いフェードボールを特に「パワーフェード」と呼びます。

飛距離に加え、ラインが出しやすいため、身に着ければ最高の武器ともいえる球筋です。

パワーフェードは、通常のフェードボールのスイング軌道とは少し変化を加え、インサイドインの軌道でボールをつかまえつつ、クラブをインサイドに抜いていきます。

ドライバーでパワーフェードを打ち、アイアンでフェードボールを打つことで、スコアメイクがしやすくなりスコアアップが望めますので、フェードボールを扱えるようになった人は、挑戦してみてはいかがでしょうか?

まとめ

まとめ

getty

ゴルフの球筋のひとつである「フェードボール」は、左に飛び出したあと少し右に曲がって戻ってくるボールで、スピン量が多く、ランが出にくい代わりに、グリーン上の狙った場所にボールを落とすことができるなど、コントロール性に優れているというメリットを持つ球筋です。

フェードボールを打つには、クラブのフェース面とスイング軌道の関係が重要です。フェースを閉じ気味に使いながらアウトサイドインで振る練習をして、使えるフェードボールを身に着けていきましょう。

練習をしてフェードボールが打てるようになったら、飛距離も方向性も得られる「パワーフェード」を視野に入れるのも良いかもしれません。

球筋にはそれぞれメリットとデメリットがあります。特徴、また打ち方や練習方法など様々な角度で知っておくだけでも、あなたのゴルフの引き出しをまた1つ増やしてくれることでしょう。
お気に入り
p562p

ゴルフを楽しむ30代男性^ ^ ゴルフの楽しさを皆様にお伝えしていきたいです!

このライターについてもっと見る >
Z-STAR ownname 210101-210201
Z-STAR ownname 210101-210201

カートに追加されました。