今さら聞けない!「フェード」と「ドロー」ってなに!?
ゴルフ初心者

今さら聞けない!「フェード」と「ドロー」ってなに!?

0

ゴルフを知っている人から当たり前のように出てくる、『フェード』と『ドロー』という言葉ですが、ついつい意味がよくわからないまま知ったかぶりで過ごしていってしまってませんか?

今回はゴルフ仲間との会話でも普通に使えるようにこれらの意味をご説明させていただきます。

ボールの軌道のことを指しています!

ゴルフをプレーしていると、一緒にプレーしている人が「ここはフェードだな」「ドローでいけばなんとかなるか」といったよくわからない言葉を口にすることがあります。

初めてだとこれって、よくわからないですよね。

実はこれ、ボールの軌道を示しているのです。

次に打つ球を右に曲げようか、左に曲げようかを話しているんです。

ちょっと高度なプレーをする人のように見えてしまいますが、意味がわかっていないと会話にも入れなくなってしまうので、それぞれの意味ぐらいは知っておいたほうが便利でしょう。

フェードとは右に曲がる球筋のこと!

ではフェードとドローについて知っていただきますが、まずはフェードについて説明していきましょう。

フェードとは、少し左に打ち出した後、そのまま左に飛んでいかないで、右に曲がって目標方向へ飛んでいく球筋のことです。

そのため自分がボールを落としたいと思った向きより最初から少し左に向かって打ち、右に曲がって中心に戻ってくるというイメージです。

狙った場所よりも大きく右に曲がっていく球筋は、フェードとは分けて「スライス」と呼ぶことが多いようです。

ドローとは左に曲がる球筋のこと!

ドローはフェードとは真逆の球筋で、左に曲がっていく球筋を意味しています。

そのため狙っているところより右に向いて打ち、左に曲がって狙った目標に向かうようになります。

狙った場所よりも大きく左に曲がっていく球は、ドローとは別に「フック」と呼ぶことが多いようです。

最初から「曲がる球を打つ」と考えたほうが気が楽です

初心者のうちは、とにかく真っすぐのボールを打ちたいと願い、そのための練習を必死にする人が多く見受けられます。

しかし、人にはそれぞれ、関節の柔軟性や筋力の左右差、視力の違いなどのさまざまな条件から、打ちやすい球筋というのがあるのです。

ですから、常に真っすぐの球を打つ練習をするのではなく、自分のスイングはどちらに曲がりやすいかを確認して、その曲がり幅が一定になるように練習して、ドローかフェードのどちらかを持ち球にしたほうが上達は早くなるでしょう。

↑↑ 参考になったらシェアしよう! ↑↑

次の記事

今さら聞けない!「フェード」と「ドロー」ってなに!?

カートに追加されました。


×