今さら聞けない!「フェード」と「ドロー」ってなに!?

getty

今さら聞けない!「フェード」と「ドロー」ってなに!?

お気に入り

ゴルフを知っている人から当たり前のように出てくる、『フェード』と『ドロー』という言葉ですが、ついつい意味がよくわからないまま、知ったかぶりで過ごしていってしまってませんか?

今回はゴルフ仲間との会話でも普通に使えるように、これらの意味をご説明させていただきます。

ボールの軌道のことを指しています!

ゴルフをプレーしていると、一緒にプレーしている人が「ここはフェードだな」「ドローでいけばなんとかなるか」といったよくわからない言葉を口にすることがあります。

初めてだとこれって、よくわからないですよね。

実はこれ、ボールの軌道を示しているのです。

次に打つ球を右に曲げようか、左に曲げようかを話しているんです。

ちょっと高度なプレーをする人のように見えてしまいますが、意味がわかっていないと会話にも入れなくなってしまうので、それぞれの意味ぐらいは知っておいたほうが便利でしょう。

フェードとは右に曲がる球筋のこと!

フェードとは右に曲がる球筋のこと!

getty

ではフェードとドローについて知っていただきますが、まずはフェードについて説明していきましょう。

フェードとは、少し左に打ち出した後、そのまま左に飛んで行かないで、右に曲がって目標方向へ飛んでいく球筋のことです。

そのため自分がボールを落としたいと思った向きより最初から少し左に向かって打ち、右に曲がって目標方向に戻ってくるというイメージです。

狙った場所よりも大きく右に曲がっていく球筋は、フェードとは分けて「スライス」と呼ぶことが多いようです。

ドローとは左に曲がる球筋のこと!

ドローとは左に曲がる球筋のこと!

getty

ドローはフェードとは真逆の球筋で、左に曲がっていく球筋を意味しています。

そのため狙っているところより右に向いて打ち、左に曲がって狙った目標に向かうようになります。

狙った場所よりも大きく左に曲がっていく球は、ドローとは別に「フック」と呼ぶことが多いようです。

最初から「曲がる球を打つ」と考えたほうが気が楽です

最初から「曲がる球を打つ」と考えたほうが気が楽です

getty

初心者のうちは、とにかく真っすぐのボールを打ちたいと願い、そのための練習を必死にする人が多く見受けられます。

しかし、人にはそれぞれ、関節の柔軟性や筋力の左右差、視力の違いなどのさまざまな条件から、打ちやすい球筋というのがあるのです。

ですから、常に真っすぐの球を打つ練習をするのではなく、自分のスイングはどちらに曲がりやすいかを確認して、その曲がり幅が一定になるように練習して、ドローかフェードのどちらかを持ち球にしたほうが上達は早くなるでしょう。

自分の球筋を決めちゃおう ドロー? フェード?

自分の球筋を決めちゃおう ドロー? フェード?

getty

練習場などでボールを打っていると、しっかりした手ごたえを感じてナイスショットが出るときがあります。

そのときのボールはどちらに曲がっていますか? 完全にストレートボールというケースは実は非常に少なく、ボールの頂点付近から左右に流れながら落下していきます。

自然に体が動いて、しっかりとボールをとらえたときのボールが自分のベストな球筋です。そこでボールが左へ曲がればドローヒッター、右に曲がればフェードヒッターです。

その人の体の動きに合った球筋が出ますので、まずは気持ちよくスイングしてみるのがいいでしょう。そこで出たボールのクセこそがあなたの球筋となるのです。

インパクトのフェース向きはドローやフェードと無関係?

インパクトのフェース向きはドローやフェードと無関係?

getty

ドローやフェードを打つとき、インパクトのフェースの向きとの因果関係がある、と耳にするケースもありますが、実はそれほど影響はありません。

フェースの向きはボールの飛球方向を決定付けるものです。ドローやフェードの球筋を決めるのは飛球線方向を基準として、ヘッド軌道がどう動いたのかでおおよそ決まります。

ヘッドがインからアウトに抜けていけばドロー。アウトからインに抜けていけばフェードの球筋になります。

正確に言うと、目標方向に対してフェースが開いていればボールは右に打ち出されますが、そのフェースの開き具合よりもスイング軌道がインサイドアウトならボールはドローします。

同様に、目標方向に対してフェースが閉じていればボールは左に打ち出されますが、スイング軌道がフェースの閉じた角度よりもアウトサイドインなら、ボールはフェードします。

ドローにもフェードにもそれぞれ特徴があります。まずはフェードの特徴から見ていきましょう。

あなたのゴルフスタイルは? 狙ったところにピタリと止めるフェード打ち

あなたのゴルフスタイルは? 狙ったところにピタリと止めるフェード打ち

getty

ショットをコントロールして、曲がり幅や落としどころを決めて精密機械のように正確なショットを積み重ねていく。

そんなゴルフスタイルを目指すあなたはフェードを持ち球にしたほうがいいでしょう。

フェードは曲がり幅をある程度自分でコントロールしやすく、「ショットメーカー」となれる可能性を秘めています。

フェードの回転は右回転 高い角度でランが少ない

フェードの回転は右回転 高い角度でランが少ない

getty

フェードのボールは右回転がかかっています。これは同じ番手でドローボールを打ったときと比べて、ボールの打ち出しが高く上がり、ボールが落ちた後もランが少ないという特徴があります。

ボールが吹け上がりやすくなるため、高く舞い上がったボールはキャリーでしっかり止められるメリットがあるんです。

逆にボールが高く上がるため思ったほど距離が出ていない、と感じる場面もあります。

さらにランは少し少なめなので、飛距離を出したいと思ったときはドローよりも少し不利になります。

フェードを打つときのスタンスはオープンスタンスに

フェードを打つときのスタンスはオープンスタンスに

getty

フェードは狙ったボールの落としどころよりも左に打ち出していきます。そして右に曲げて狙ったところへ。

そのときスタンスは真っすぐではなく、少しだけオープンスタンスに構えます。

するとヘッドの振り抜きがアウトサイドインに抜けるのでフェード回転がかかりやすくなります。

スタンスを変えるだけであとは普通にスイングすれば、フェードが打てるようになるんです。

フェードはヘッド軌道がアウトサイドイン

フェードはヘッド軌道がアウトサイドイン

getty

もちろんスタンスを変えるだけでなく、アウトサイドインにスイングをしてカット気味に打ってもフェードが打てます。

このとき外から内にヘッドを動かしたいので、ヘッドを外側の高い位置から一直線にインパクトするようにスイングをすると自然とアウトサイドインのスイングになります。

あまり極端にやると実戦のラウンドで使えませんので、練習場などでアウトサイドインの感覚をつかんでから本番で打ってみましょう。

トップでのヘッド位置が高いとフェード回転になりやすい

トップでヘッドの位置を高くキープすると、ヘッドが体から離れて外から入りやすくなります。

バックスイングでは手首を固めにして、ヘッドを外へ動かしてあげます。

そして真っすぐ上から叩くようにスイングすると自然とアウトサイドインのスイングになって、フェードが打てるようになります。

あなたのゴルフスタイルは? ランでも飛距離を稼ぐドロー打ち

しっかりボールを打ち抜いて、とにかく飛距離でアドバンテージがほしい。そしてボールが落下してからもランを出してライバルを少しでも置いていきたい。

そんなゴルフスタイルを目指すあなたはドローを持ち球にしたほうがいいでしょう。

ドローボールはフェードに比べて強いボールが打てるので、風に影響されにくく、さらにランも出やすい回転なので飛距離をしっかり稼いでいけます。

反面コントロールはフェードよりも少し劣る印象です。

ドローの回転は左回転 低めの弾道でランが多い

ドローの回転は左回転 低めの弾道でランが多い

getty

ドローボールは左に回転をしています。弾道はちょっと低めになりますがボールの強さはフェードよりも上。

またランがたくさん出るので、キャリーもランもしっかり出していけるのがドローのメリットです。

ボールが低いために、風の影響を受けにくいのも大きなメリットの1つです。

ボールが高くなってしまうと、それだけ風に流されて予期せぬところにボールが落ちてしまう可能性も秘めています。

それを回避できるのもドローボールのメリットです。

ボールの曲がり幅が計算しにくい上、ランも出てしまうのでコントロールという点ではフェードに軍配が上がります。

しかしこの欠点を補ってあまりあるメリットが飛距離なのです。

ドローを打つときのスタンスはクローズスタンスに

ドローボールを打つときは、クローズスタンスに構えましょう、目標方向よりも少し右を向いている状態です。

また飛球線方向よりもさらにクローズに構えるだけで、あとは勝手にドローボールが出るようになります。

これはスイングのヘッド軌道が変わるためで、スイングを一定のスイングから変えず、クローズに構えるだけで球筋をドローボールにできる方法の1つです。

ドローはヘッド軌道がインサイドアウト

ドローボールは飛球線方向に対して、ヘッドの軌道がインサイドアウトになっています。ドローは左回転なので、ボールの右側をヘッドがかぶるようにインパクトをしています。

ヘッドがこの動きをするためには、ヘッドが飛球線方向に対して内側から入って、外側に抜ける必要があるのです。

トップの位置が低いとドロー回転になりやすい

スイングのトップの位置もドロー回転になる要素が入っています。

トップの位置が低いとドローになるんですね。

ヘッドが下がって体に近い位置をダウンスイングでヘッドが通過していきます。すると自然とボールよりも内側からヘッドが入るようになります。

逆にヘッドが体から離れてくる場合は、ボールの外側からボールに当たりますので逆のスライス回転になるんです。

ドローとフェードを打ち分ける練習法 テープでヘッド軌道に線を付ける

ドローとフェードを打ち分ける練習法 テープでヘッド軌道に線を付ける

getty

ドローとフェードを打ち分ける練習方法で、ボールを置くマットにヘッド軌道を記したテープを貼って線を付けてしまうというものです。

ドローならば内から外、フェードなら外から内へと、テープを貼ってみましょう。

準備ができたら、テープに沿ってスイングをするだけです。もちろんボールがなくても素振りで練習ができます。

これなら練習場でもできますし、自宅での素振りでも大丈夫なのが魅力的です。

ドローとフェードを打ち分ける練習法 フェードはフェースを返さない

View this post on Instagram

C = COBRA🐍 @cobragolf

A post shared by R I C K I E (@rickiefowler) on

フェードを打っていくとき、インパクトからフォローにかけてフェースを返さないようにスイングしてみましょう。

よくプロゴルファーがフィニッシュでクラブを高く上げた不自然なフィニッシュをしているのを見たことがある方もいるでしょう。

あれはフェースを返さずにスイングをしている証拠なのです。

インパクトからフェースを返さず、フィニッシュを高く抜くようにフェードを打ちましょう。

ドローとフェードを打ち分ける練習法 ドローはネックを起点にトウを走らせる

ドローとフェードを打ち分ける練習法 ドローはネックを起点にトウを走らせる

getty

ドローを打っていくとき、インサイドアウトのスイングをします。このときフェースを積極的に閉じるように使っていく意識をしましょう。

ネックを起点として、トウを走らせるように打っていきます。

ボールをしっかりとつかまえる意識が大切です。

打ちっぱなし練習場の打席の位置でドローとフェードを打ち分ける練習

打ちっぱなし練習場の打席の位置でドローとフェードを打ち分ける練習

getty

ドローやフェードを打ちやすくするには、練習場で打席の位置も関係してきます。

まず人間は障害物がある方向は無意識のうちに避けようとします。そのためドローを練習したいのならば打席は一番左端がいいでしょう。

左端の打席には、左側にネットがあって、自然と右に打ち出しやすくなるからです。右に打ち出して左に曲げるドローを打ちやすく感じるのです。

フェードの練習をしたいのならば反対に打席の右端。あえて自分の右端にネットが迫ってくる状況を作り、左方向へフェードボールを打っていきます。

ドローとフェードを打ち分けるおすすめクラブは?

ドローとフェードを打ち分けるおすすめクラブは?

getty

ドローとフェードを打ち分けるためのクラブも、ある程度打ちやすさが決まってきます。

まずクラブに求められるのは操作性です。

オートマチックに強いボールが打てるクラブは、自分で操作できる余地が少ないので積極的にボールを曲げていく打ち方は合いません。

ウッド系のクラブならば、重心深度が短めのクラブで、ヘッドの後方が低く長く突き出していないタイプがいいでしょう。

またアイアンではグースが強めではないもの、フェースの長さが短いもの、重心深度が短いソールが薄めのクラブを選びましょう。

男性ゴルファーはドローとフェードどっちがいいの?

男性ゴルファーはドローとフェードどっちがいいの?

getty

性別によって「こちらがいい」というものではありませんが、しっかりと距離が出せてショットに正確性がほしいのならばフェードをおすすめします。

フェードはランが少なく、狙ったポイントにぴたりと止めやすいのが特性です。計算しにくいランを使って飛距離を稼ぐより、狙ったところにピンポイントで落とせるのが魅力です。

女性ゴルファーはドローとフェードどっちがいいの?

女性ゴルファーはドローとフェードどっちがいいの?

getty

女性ゴルファーにはドローをおすすめしたいと思います。

それは男性ゴルファーと比べて飛距離が出ないので、少しでも飛距離を伸ばせるという選択からです。

実際にプロゴルファーでもドローを持ち球としている女子プロゴルファーも多く、飛距離を持つ選手は他選手に比べてもアドバンテージがあります。

スコアが良くなるのはドローとフェードどっちだ!?

スコアが良くなるのはドローとフェードどっちだ!?

getty

ドローとフェードを比較してきましたが、スコアが良くなるのはどちらか断定はできません。

しかし飛距離を稼いでセカンドショットを有利に付ける、パー5のセカンドショットでグリーン周りまで運べる、こうしたシチュエーションを数多く作っていくならばドローが有利です。

また狭いコースで狙ったところに落としていく、長い距離からでもグリーンオンを狙ってアイアンでしっかり止める、というゴルフをしていくのならばフェードがいいでしょう。

ドローにもフェードにもそれぞれメリットとデメリットがあります。球筋の特徴やメリットとデメリット、また打ち方や練習方法など様々な角度で知っておくだけでも、あなたのゴルフの引き出しをまた1つ増やしてくれることでしょう。

お気に入り
p562p

ゴルフを楽しむ30代男性^ ^ ゴルフの楽しさを皆様にお伝えしていきたいです!

このライターについてもっと見る >

カートに追加されました。


×
グリッジカップG