どうやって打てばいい?30ヤードのアプローチに役立つ基礎知識

お気に入り
「30ヤードのアプローチ」とひと言でいっても、そのシチュエーションはさまざまです。

この記事では、それぞれの状況に適したさまざまなアプローチの方法や、クラブ(番手)別のキャリーとランの割合などを解説していきます。

1.ピッチ&ラン

1.ピッチ&ラン

getty

ピッチ&ランとは、ボールを上げてキャリーを出し、落とした場所からのランを利用して距離を合わせるアプローチです。

非常に使いやすいアプローチで、8割くらいの状況に対処することが可能です。

ゴルフ初心者の30ヤードアプローチの入口は、このアプローチを覚えることからです。

ちなみに、ピッチ&ランアプローチが使えない2割の状況とは……

・ピン位置が手前でハザード(池やバンカー)越えのアプローチ

・ラフに深くボールが沈んでいる場合や、逆目の深いラフ

・ベアグラウンド

他にもありますが、主だったところは上記のような状況となります。

次の項ではウェッジのキャリーとランの割合を、クラブ別にご説明します。

2.クラブ(番手)別、キャリーとランの割合

2.クラブ(番手)別、キャリーとランの割合

getty

どの番手を使えば、どのくらいキャリーとランが出るのか、その割合をご紹介します。

これを把握しておくことで、ピッチ&ランを用いた戦略が立てやすくなるはずです。

■ピッチ:ランの割合

8アイアン→キャリー1:ラン9
9アイアン→キャリー2:ラン8
PW(ピッチングウェッジ)→キャリー3:ラン7
AW(アプローチウェッジ)→キャリー5:ラン5
SW(サンドウェッジ)→キャリー7:ラン3

30ヤードのほぼ平らなグリーンへのアプローチ。

ボールはスタンス中央、手首固定で体の回転のみで打つ場合の目安です。

※使用しているクラブやボール、グリーンの状況、ボールの状況などによっても変わりますので、あくまでも目安となります。

3.ランニングアプローチ

3.ランニングアプローチ

getty

次は、極力ボールを上げずに、最初から転がして寄せる「ランニングアプローチ」です。

パターのようなスイングで打てること、トップやザックリといったやりがちなミスショットも少ないため、状況が許せば積極的に活用したいアプローチです。

ボールがグリーンエッジに近く、カップまで距離がある場合や、ボールとピンとの間にハザードのない、花道などが適したシチュエーション。

腕の三角形を崩さず、パターのストロークのようなスイングで打ちます。

使用するクラブは8アイアンや9アイアン、ウェッジならロフトが立ったPWやAWです。

4.その他のさまざまなアプローチ

4.その他のさまざまなアプローチ

getty

▽スピンアプローチ

バックスピンを利かせて低く打ち出し、2、3バウンドでキュッと止まるアプローチです。
使用するウェッジはSW。

・ピンとボールとの間に何かしらの障害があり、転がしができない状況の時

▽ピッチショットアプローチ

ボールを高く上げて、ランを少なくするアプローチ。

・ピンとボールとの間に何かしらの障害があり、転がしができない状況の時

▽ロブショット

ボールを高く上げて、ピンを真上から狙うショット。

・バンカー越えや砲台グリーンで、ピンがグリーン手前の時など、打てるとカッコいいショットですが、リスクの高いショット


30ヤードアプローチに使える、さまざまなアプローチをご紹介しました。

クラブ別の特性なども把握しながら、状況に合わせたアプローチをマスターしましょう。
お気に入り
タイガーマスク

タイガーを見てゴルフを始めました。趣味は中古クラブ屋巡りと、米ツアーを見ることです。

このライターについてもっと見る >
SRIXON ZX201007-1107
SRIXON ZX201007-1107

カートに追加されました。


フォーティーン RM4 20200916-1016