アプローチの基本もやっぱり「アドレス」から!

お気に入り
アプローチの高低を振り方で打ち分けようとするのはやめましょう。

どんなアプローチのスイングでも、クラブヘッドを上半身正面にキープすることが大切です。

腕を身体が追い越したり、後から遅れてくるようなバラバラなスイングはミスを増やすだけですよ!

重要なのは……

noimage
一口にアプローチと言っても、打ち方は様々ですよね。

ボールの置かれているライや、傾斜の度合いによってスイングが違ってきますし、バンカー越えを狙う場合もそれに合わせたスイングが必要になります。

アプローチショットでは、直接カップに沈められるのがもちろんベストですが、確実に1パットで狙える距離、できればOKがもらえるポジションまで寄せることが目標です。

そこで一番重要なのはアドレスの取り方。

もちろん、どのスイングでもアドレスは重要ですが、アプローチは特にその重要性が増します。

まずはそのことを頭においてプレーをしましょう。

アドレスの取り方

noimage
始めに基本となるショットのアドレスを取ります。

そこからインパクトした瞬間の姿勢を作ってみてください。

左足に少しウエイトを置いて、左足のつま先と左腰がややオープンになったフォームを維持してください。

そのままコンパクトに構え、右足を左足のほうに寄せて両足を揃えるようにしましょう。

この状態が、アプローチショットの際のアドレスの取り方になります。

ボールを置くポジションも重要です。

右足を左足に寄せたことで、通常のショットよりボールは右寄りになりますよね。

目安は右足の外側の延長線上、さらにボール1~2個分右でもオッケーです。

球の高さによってアドレスが変わる

球の高さによってアドレスが変わる

getty

アプローチでは、球の高さをアドレスで打ち分ける方法もあります。

アドレスでボールの高さを打ち分ける一番簡単な方法は、ボールの位置を変えて打つことです。

基本は、ボールを真ん中に置いて打つピッチ&ランですが、ボールを右に寄せて打つランニングアプローチ(低い球で転がす)や、左に寄せて打つピッチショット(高い球で止める)があります。

3つのアプローチに厳密な境目はありませんが、その場に応じてボールの位置を変え、高さを打ち分けられるようになることを目指しましょう!

肩を回してトップを防ぐ

肩を回してトップを防ぐ

getty

股関節から前傾し、背筋を軸に、肩をしっかりと回してスイングしましょう。

ラウンド中に疲れてきてアプローチのミスが出やすくなるのは、基本のスイングが再現できず、肩がしっかりと回っていないことに原因の多くがあります。

アプローチのミスが続いたときは、ラウンドの合間に、肩を回す動きを思い出してみるといいでしょう。

膝は若干深めに曲げて前傾角度をキープしましょう。

手首はハンドファーストになります。

両肩と手首を結んだ三角形を維持したまま、真っすぐに腰の高さまでバックスイングしてください。

手首の角度は変えないように、肩を回転させるようにテークバックしてください。

アプローチのアドレスの基本、ぜひマスターしてくださいね!
お気に入り
Fagio

学生時代からゴルフをやっているにもかかわらずエンジョイゴルファーのまま今に至ってます。

このライターについてもっと見る >
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101
DUNLOP FITTING STORE 20201201-210101

カートに追加されました。