砲台グリーンへのアプローチショットは2種類を上手く使い分けよう

お気に入り
砲台グリーンを外した場合のアプローチショットには、通常2つの選択肢があります。

1つは、ボールを高く上げて、グリーンに直接乗せる方法。もう1つは、グリーン手前のスロープに低い弾道のボールを当てて、転がし上げていく方法です。

どちらの方法を選択するかは状況次第でしょうが、転がし上げるショットは、普段から練習しておけば大きなミスになりにくく、覚えておけば積極的に使う価値の高いショットです。

転がし上げるアプローチ

転がし上げるアプローチ

getty

ボールを転がし上げていくショットは、斜面の傾斜が比較的緩やかで、ボールをクッションさせる場所の傾斜が一定、かつボールの跳ね方が予測しやすい場合に、魅力的な選択肢になります。

ただし、狙い通りにボールが打てても、予想通りにボールが転がらずに、ピッタリ距離が合わないリスクは、ある程度覚悟しなければなりません。

予想通りにいかない誤差の範囲が1メートルなのか3メートル以上になるのか、他の選択肢の難易度やリスクにもよりますが、その辺りが決断の分かれ目になるところでしょう。

転がし上げるという選択肢は、一般的には、ボールを上げるショットに比べて大きなミスにつながる可能性が低くなるというメリットがあります。

とにかく、ボールを1クッションないし2クッションさせてボールを転がし上げるわけですから、ボールが上がり過ぎない、ロフトのあまりないクラブを使う必要があります。

どのくらいの低さのボールをどこにクッションさせればいいのかを正しくジャッジする判断力も、意図した通りにボールを打つテクニックの習得とともに、練習で身に付ける必要があります。

普段から7、8番アイアンを使って、低いボールを打つ練習をしておくことです。

ボールの打ち方は、ちょっと強めにチップショットをする要領です。自分がいつもやっているチップショットの打ち方で対応すればいいでしょう。

普通はボールの位置をスタンスのセンターか、それよりも少し右足寄りに置いて、やや左足体重で、頭を残し、低いフィニッシュで払うように打てばいいショットです。

手打ちにならないように、大きな筋肉を使うのがポイントになります。多少ライが悪くても、それほど影響しないショットと言えるでしょう。

ボールを上げて打つアプローチ

ボールを上げて打つアプローチ

getty

ロフトの大きなクラブでボール上げて、グリーンの上に直接落とすアプローチショットは、ボールが落ちてからどのように転がるのかをイメージしやすく、狙い通りにショットができれば高い確率でボールはピンの近くに止まります。

したがって、ボールのライやグリーンの硬さ、ピンの位置などに関係なく、圧倒的に多くのゴルファーは、グリーン手前にクッションさせて転がし上げる前述のショットよりもこちらの打ち方を選択する傾向があります。

しかし、実際にはそうしたショットをしても、予想通りにボールが転がったり、止まったりすることばかりではありません。

加えて、ボールを柔らかく上げて打つのが難しいライでは、狙い通りのショットが成功する確率は、その人の技量にもよりますが、ライの悪さに比例して驚くほど低下します。

さらに、ピンがグリーンのエッジにある、いわゆるショートサイドからのアプローチでは、グリーンにボールを落として、ピンの近くにボールを止めることが物理的にできないこともあります。

アプローチショットのバリエーションが多く、ボールを高く上げるロブショットやスピン量を多くして止める方法で、それをすることが可能な場合もありますが、そうしたショットは、ゴルフのショットの中でも高等技術であり、習得するのは簡単ではないし、中途半端にトライすれば大きなミスにつながります。

特に、高いボールは距離のコントロールが難しく、少しショートすればボールが戻ってくるような砲台グリーンでは、少しのショットのミスのダメージが大きくなります。

それがわかっている場合は、心理的なプレッシャーが大きくなり、微妙なコントロールは、より難しくなります。そんなショットが成功する可能性は、非常に低くなるでしょう。

また、ある程度ショットが上手く打て、グリーンにボールが乗ったとしても、ロングパットが残ることも多くなります。

それでも多くの人は、転がし上げるという選択肢を考えもせずに、プレーしているのが実態でしょう。

それは、ボールをグリーンに転がし上げる選択肢の安全性も高いことに気付いていないので、練習もしていないし、そもそもそんなショットが頭にない場合もあります。

応用範囲を広げる

応用範囲を広げる

getty

とは言うものの、砲台の傾斜がきつい場合、転がし上げる選択肢はなくなります。

急傾斜ではボールの転がりをコントロールするのは難しくなります。

それでも、傾斜が緩やかで深いラフでなければ、よほどのことがない限り、転がし上げるショットが有利になることは少なくありません。

ボールのライが左足上がりであれば、基本的にコントロールはしやすいはずです。

いずれにしても、普段から7~9番アイアンなどで狙った場所にボールを落とす練習をしておくことです。

当然ながら、転がすショットは砲台グリーン周りの応用に限られるわけではないので、積極的に実戦で試して、様々な状況下での使い方をマスターしましょう。
お気に入り
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721

TOPページへ >

TOPページへ >

プロギアバナー210617-27
クリーブランドRTM FULL-FACE 210621-721